クリスマス・イブ その2

18時頃に保育園にポンすけを迎えに行くと、ちょうどみんなでおやつを食べていたところでした。
先生から、「ポンすけちゃん、ママがお迎えに来ているよ」と言われたポンすけは、一瞬不思議そうな顔をして、「ママはお仕事だよ」と答えたそうです。
それから、廊下から覗いていた私を見つけ、にっこりしてから、その後も優雅におやつを食べ終え、お茶を最後まで飲み干して、所定の場所に片付けてから、抱きついてきました。

今月は初めて保育園に行ったので、お部屋に飾っていた製作物なども楽しく拝見しました。

今月退職する、昨年0歳児クラスでお世話になった先生とも少しお話ができ(今朝、プレゼントとお手紙を雄サンとポンすけに託していました)、ちょうど良かったです。
また、担任の先生から、ポンすけは、今月に入ってからも元気に毎日過ごしていると聞き、安心しました。

最近はいつも、保育園の教室を出てから門まで30分かかっているというポンすけでしたが、久しぶりの私のお迎えが嬉しかったのか、きちんと靴やコートを着て、門まで歩き、お友達のために門を開いてくれたりしていました。

朝は雄サンと一緒に自転車に乗ってきたので、ポンすけは「自転車、ないねぇ」と言いながら、一緒に手をつないで歩いたり、抱っこして歩きながら、家までの道を、おしゃべりしたり歌を歌ったりして、のんびりと歩きました。
約1ヶ月ぶりですが、ポンすけの言葉や発見がさらに増えていて、少し驚きました。
(ポンすけに気をとられ、ポケットに入れていたお気に入りの手袋を一つ、失くして帰ってきてしまったのは、ブルーですが・・・)

 *****

ちょうど、雄サンも早く帰ってきてくれたので、3人でクリスマスパーティをしました。
b0075888_452538.jpg

キャンドルに火を灯し、ポンすけの好きなスライスチーズ(=彼女の言葉では「チーチー」)や、私たちの好きな「ブルサンアイユ」というチーズをオードブル代わりに、
b0075888_4521710.jpg

私の得意料理の一つ、簡単「ビーフストロガノフ」をメインでいただきました。
今回はポンすけ用に蕪を入れてみたのですが、これが案外ベストマッチでした。
b0075888_4522715.jpg

雄サンが買ってきてくれた「アンサンブル」のクリスマスケーキを食後にいただきました。
(ケーキの上の小さなキャンドルは、お店でポンすけが選んだそうです。彼女の最近の流行色、ピンク色のクリスマスツリー型のキャンドルです。)
b0075888_452513.jpg

保育園で作った帽子をかぶって、ご機嫌なポンすけです。

私が11月から教えたり、多分保育園でも習ったのでしょう、「赤鼻のトナカイ」の歌を彼女が歌ってくれました。
たくさん3人で遊んでから、彼女が突然「みんな~、お風呂に入るよ~!」と号令をかけたので、お風呂に入って寝ることにしました。

今日は眠っている間にサンタさんが来てくれるにちがいない、とわくわくしながらお布団に入ったポンすけです。
[PR]
by monsteracafe | 2008-12-25 04:44 | 家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10087589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みっちママ at 2008-12-25 23:12 x
うわー!
ぽんすけちゃん、すごく女の子らしくなりましたね。
今度お会いする時、びっくりするかも・・・。
楽しみです。

帽子のお目めが、歪んでいるのもなんだかとってもかわいいですね。

ビーフストロガノフも美味しそう。
以前、hiroさんのホームページで作り方が紹介されていて
私もやってみようと思いつつ、まだ作ってないなあ。
来年のクリスマスは私も挑戦してみます!
Commented by monsteracafe at 2008-12-26 07:54
>みっちママさん
そうですね、毎日見ているとそれほど感じませんが、数ヶ月ぶりに会ったらビックリするかもしれませんね。

本人も、「赤ちゃんちがう、おねえちゃん!」とよく言っています。
大人のお姉さんは「おっきいおねえさん」、子供のお姉さんは「おねえちゃん」、自分は「ちっちゃいおねえちゃん」なんだそうです。

ビーフストロガノフは、忙しいご家庭に本当におススメなので、ぜひお試しください。
(我が家はクリスマスに限らず、しょっちゅう作っています)

我が家は来年のクリスマスこそ、チキンを焼いたりしたいなぁと思っています。
<< 雄サンの育児休業体験記が内閣府で採用 クリスマス・イブ その1 >>