もらって嬉しい粗品。

今日は仕事納め。
仕事帰りに、お正月に持参する手土産を買って帰ることにしました。
ちょうど、「一保堂茶舗」で新年のお茶「大福茶」を売っていたので、いくつか買って帰りました。

お店のホームページの説明によると、
一年の邪気を払い、新年を祝福するため、元旦に大福茶を飲む習慣があります。
起源は平安時代。
都に疫病が流行した折、ある僧が病者にお茶を施したところ疫病は治まったとか。
この功徳にあやかり、時の村上天皇は毎年元旦にお茶を服されるようになりました。
以来年賀の行事として広まり、呼び名も天皇が服するお茶「王服茶」が、いつしか新年を祝福する縁起の良い「大福茶」となり、今日まで伝えられています。

大福茶はお茶の種類をあらわすものではなく、お茶屋さんによって詰められるお茶はさまざま。
一保堂の大福茶は、定番の極上玄米茶よりも上等な茶葉を使用したちょっと贅沢な玄米茶です。
玄米は香り豊かな炒ったもち米玄米。茶葉そのものの味を十分に生かすよう玄米の量は少なめに。
茶葉の味を中心に玄米の風味も楽しみたいという方にはぴったりです。
・・・ということです。
b0075888_20211882.jpg

お店から、お店のロゴが入ったふきんを粗品としていただきました。
以前いただいたふきんより、一回り大きいサイズでした。
[PR]
by monsteracafe | 2008-12-29 23:43 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10112623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「かに道楽」で誕生日会 忘年会&転職祝いの会 >>