お友達のおうちで晩御飯

以前から、働くママ友達の間で話題になっていた、アサヒ軽金属工業の「スーパー活力なべ」。
とても短い時間で調理ができ、毎日気軽に使える圧力鍋、ということで日々忙しいワーキングマザーにはぴったりのお鍋です。

気になっていたものの、いまいち使い方や使い勝手のイメージが沸かずにいたところ、お友達のおうちで実際に使いかたを見せてもらうことになりました。
(そして、できあがったものを晩御飯としていただきました。)
b0075888_229649.jpg
こちらが、そのお鍋で作った、肉じゃが。
材料をお鍋に入れて火にかけ、沸騰して圧力がかかったところで1分間。その後は火を止め、自然に圧力が下がっていくまで待つだけ。
色こそあまりついていませんが、しっかりと味が染み込んでいて、ポンすけはにんじんや糸こんにゃくをモリモリ食べていました。
じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、どれもが形はしっかりしているのに、お箸を入れると崩れるくらいやわらかく炊けていました。
b0075888_2291623.jpg
他にも、炒めた野菜をのせ、オイスターソースで合えた麺、豆腐とツナ、コーン、小麦粉少々を入れて混ぜ、フライパンで焼いたおやき、
b0075888_229267.jpg
こちらも別のお友達が活力鍋で炊いた、海老ピラフとさつま芋のご飯、
b0075888_2293459.jpg
豚の角煮、蓮根にひき肉をはさみ、甘辛い照り焼きの味付けにしたおかずなど、手際よくお料理ができあがり、テーブルに並びました。

どれもとても美味しくて、子ども達もおかわりを何度もしながらおいしそうに食べていました。
[PR]
by monsteracafe | 2009-02-14 22:11 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10352432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 手作り味噌の講習会を開催しました 岡本の梅林 >>