「ほっ」と。キャンペーン

働くママのサークル、「総会」

今日は、私が参加している働くママのサークル(WMS)の1年間の締めくくりともいえる、総会が開催されました。
1年間の活動を振り返り、各自の感想を述べたり、来年度は何がしたいか、といった企画の話や、だんだん規模が大きくなってきた会の運営をどのように円滑に、スムーズにやっていくかという改善をしています。

世の中に「育児サークル」は数多くあるのですが、たいていが子供の年齢(学年や月齢など)をベースにしたものが多く、「働くママ」という共通項だけで、子供の年齢はバラバラ(実際に生後数ヶ月の赤ちゃんから小学校高学年のお子さんまで幅広い)という子育てサークルは珍しいのではないかと思います。

ちょうど、昨日、雄サンと2人でライフスタイルに関する取材を受けたのですが、そのときにも、我が家や私がこの働くママのサークルの存在にどれだけ助けられ、サークルを通じて知り合った友達を心強く感じているかを改めて感じました。

妊娠中、出産前からサークルに参加していたため、子供が生まれる前から、出産のこと、育児のこと、仕事と家庭の両立のための情報やアドバイスなどをたくさん教えていただき、相談に乗ってもらいました。
保育園の先生や、かかりつけの小児科の先生などもそうですが、周囲に子育てに関することを相談できる、教えてもらえる存在がたくさんあることで、あまり悩むこともなく、孤独感を感じることもなく、楽しく子育てができているように思います。
[PR]
by monsteracafe | 2009-03-01 16:04 | Life style | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10429028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くるくる at 2009-03-02 09:34 x
おはようございます。
育児サークルには、育児休業中に行ってました。
市役所の主催だったので、市役所の保健婦さんと仲良くなったり、
新しいママ友ができたりして、各種イベントなども楽しみましたね。
でも今では本当時間がなくて、サークルや幼稚園の平日のイベントにも
参加できずにいて、なかなか新しいママ友はできません。
今はこうやって、ネットで情報を集めたり発信したりできますから、
とても便利になりましたが、やはりヒトとヒトの出会いやお付き合いは
大事にしたいですよね。

Commented by DADA at 2009-03-02 14:21 x
この前は取材ご協力ありがとうございました!
話はずんで、あっという間に時間が。。。 育休の話も聞きたかったのに。。 刺激的なお話で、とても参考になったみたいですよ!

この育児サークルのように、子供向けのコトは何かにつけ、「子供」を切り口に層別しているものが多く、「子供に~~するための~~~な親」という視点が少ないですね。
このWMSのような活動が普及するのを陰ながら応援しています。

今度は3人でウチに遊びに(娘の相手しに)お越しくださいネ!
Commented by monsteracafe at 2009-03-03 22:20
>くるくるさん
私は産休だけでしたが、育児休業中に雄サンが地域の子育てクラブに参加していたので、私もそちらで娘と同級生のお子さんを持つママ友達ができました。
彼女たちとも、数ヶ月に1度くらいのペースですが、休日を中心に会っておしゃべりしたり、子供同士を遊ばせたりしています。

働くママのサークルの方は、月に1度の活動のほか、有志でおでかけしたり、ランチ会をしたり、インターネットやメールで意見交換(おしゃべり)したり、本当に現在の私にとって、“なくてはならない存在”になっていると思います。

メールやインターネットなどのツールをうまく使いながら、人と人とのつながりや出会いを大切にすること、これが今の私たちにとって必要なことではないかと思います。
Commented by monsteracafe at 2009-03-03 22:23
>DADAくん
先日はどうも。
学生時代から知っているせいか、なんだかもう、私にとってDADAくんも高校時代の同級生のような気がします。
(雄サンも、私の高校時代の部活の仲間のことを、そう言います。)

私たちも、DADAくんの現在のお仕事の進捗状況などをお聞きするのをすっかり忘れておりました!
続きはぜひ、DADA家で聞かせてください。

もう少し仕事が落ち着いたら、きっとおうちにお邪魔できると思います。
ポンすけがかなりウルサイと思いますが、宜しくお願いいたします。
<< 今年のひなまつり 一足早い、ひなまつり >>