一人で眠れたポンすけ

今月に入り、仕事が忙しくなり、終電など、帰宅したときには娘(ポンすけ)の寝顔にしか会えない日々が続いています。

さて、久しぶりに一緒にお布団に入ることができた週末の夜、びっくりすることがおきました。

最近、自分よりも小さなこどもや動物、ちいさいものなどを「赤ちゃん」と言ってかわいがるようになった、一人っ子のポンすけ。
(先日、満2歳2ヶ月になりました。)
家の中では、ぬいぐるみのあらいぐまちゃんを、自分の弟か妹のように連れ歩いています。
もちろん、夜眠るときも一緒。

我が家は、できるだけ家族3人一緒に布団に入って寝るようにしているのですが(そうしないと彼女がすんなりと寝てくれません)、昨夜は急に、
「パパとママはそっち。○○ちゃんは赤ちゃんをねんねしてから、赤ちゃんと一緒に寝るの」
と言って、自分のまわりにぬいぐるみを2人並べ、お布団をかけてあげ、保育園の先生にしてもらうような仕草で、ぬいぐるみを優しくトントンしながら「♪ねーむれー、ねーむれー、ははのむねーにー・・・」と子守唄を歌っていました。

どうするのかそっと見ていると、ぶつぶつ小声でひとりごとを喋りながら(赤ちゃんたちに話しかけていたのかもしれません)、最後には一人ですーっと眠ってしまいました。

私たちが何も働きかけていないのに、自分から一人で眠ろうとして本当に眠れた彼女。
(本人は赤ちゃんと一緒に寝たつもりなので、ひとりで眠れた、とは思っていないでしょうが・・・)
彼女の心の成長を感じた嬉しい出来事でした。
[PR]
by monsteracafe | 2009-03-16 06:20 | 家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10517421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くるくる at 2009-03-17 08:29 x
気持ち・・・わかります。
子供が一人で寝れるようになったとき。うれしいような・・・さみしいような。
お仕事遅くまで、お疲れ様です(^^)
子供にあまりかまってあげられないときに、そういう成長がみられると、
頼もしく感じますね。子供に助けられているように思います。
Commented by monsteracafe at 2009-03-21 08:29
>くるくるさん
仕事で遅くなり、子供と過ごす時間が十分に取れないので、さすがの私も“こんなにしてまで働く必要があるのか?”と思わずにはいられない日々が続いているので、娘の成長を感じる瞬間を見つけると、普段以上に嬉しく、頼もしく感じます。

それに、日々の疲れやストレスからも、娘が救ってくれているようにも感じます。
親は子供に助けられてもいるのですね。
Commented by あやあや at 2009-03-22 00:12 x
まとめ読みしてます・・・(笑)
お仕事、お忙しいみたいですね。
くれぐれもご無理のないように。。。
他の方も書かれていますが、こういうとき、ご主人やご両親はもちろんですが、子どもも含めて家族みんなに支えられているって実感できますよね。

さて、この日記を読んでポンすけちゃんの成長ぶりにジーンときました。
少しずつ自分のことが自分でできるようになってくる頃ですよね。
嬉しいような、ちょっとさみしいような、そんな感じを思い出しました。
ポンすけちゃんの成長の節目を感じる瞬間をこれからも大切になさってくださいね。
Commented by monsteracafe at 2009-03-22 01:04
>あやあやさん
こんばんは。
今日も休日出勤して、先ほど帰宅したところです(涙)

生まれてきてわずか2年と少しの彼女ですが、日々、心や体が健やかに育ってくれているように感じる出来事でした。
あやあやさんが感じてくださったように、嬉しいのが9割、ちょっぴり切なくなる気持ちが1割・・・
子供と過ごす時間が少ない働くママだからこそ、こうした瞬間をよりいっそう幸せに、大切に感じられるように思います。
仕事が超ハードな毎日の中、のびのびと気持ちを表現してくれる彼女に元気や癒しをたくさんもらっています。
<< 近況 「クラブメッド」という旅のスタイル >>