「ほっ」と。キャンペーン

雄サンの昇格と、頑張ってくれたポンすけ

この1週間、これまでの人生で最大に仕事をしました。
(そして、先日、担当していた大きなプロジェクトが無事、終わりました。)
毎日朝7時には出勤し、休憩時間や食事をとる時間もほとんどなく、深夜(時には翌朝)まで働きました。
プロジェクトが成功を収めたので良かったものの、体も心も、かなり疲れていました。

ちょうど雄サンの仕事のピークと重なってしまい、この1週間は、かわいそうでしたが、ポンすけを実家の両親のところに預け、私たちは夜、終電やタクシーで実家に寝に帰るだけ、という日々でした。

ポンすけは、実家から保育園に行き、夜は両親と一緒に夕飯を食べたり、お風呂に入ったり、遊んでもらったり、寝たりしていました。
私たちには朝、ほんの少ししか会えず、さびしかったと思いますが、両親によくなつき、元気に過ごしていたそうです。

そんな中、嬉しいニュースがありました。
週の半ば頃、雄サンから携帯メールに、現在の部署で昇格したという知らせが届きました。

雄サンはかつて、私が妊娠したときに、私が産休だけで仕事に復帰し、自分が1年近く育児休業する(実際には7ヶ月間でした)という選択をしようとしたときに、私に
「長い人生の中で、ほんの少し育児休業しただけで、最終的に自分の仕事に対する評価や立場が影響を受けるとは思わない。」
「もし、なんらかの理由で自分が評価されないとしても、それは育児休業をとったせいではない。」
と、きっぱりと話していたことがありました。

育児休業を終え、彼も職場に復帰してからも、ポンすけの育児や家事を私と同等以上に引き受け、仕事にも限られた時間の中で真剣に取り組み、職場の同僚や後輩の育成、組織のあり方などにいつも気を配り、働きかけていました。傍で見ていても、本当によく頑張っていたと思います。
彼がもっとも得意とするジャンルの仕事で、育児休業明けから2年足らずで昇格できたという知らせに、本当に嬉しく思いました。

これからは夫婦ふたりともが管理職、という、小さな子供を抱える共働き家庭にとってはさらに大変な1年になりそうです。
これからも家族で力を合わせ、工夫しあって、仕事と家庭がうまくいくようにやっていけたらいいなぁと、昨夜、雄サンと二人で話しました。
[PR]
by monsteracafe | 2009-03-28 14:17 | 家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10606626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hika at 2009-03-28 21:49 x
昇格おめでとうございます!

お2人で協力してきたその結果が「昇格」というカタチで見えると、うれしいでしょうね。

お2人ともお忙しいので さぞかしタイヘンだとは思いますが、
やっぱり体がキホン&資本なので、ムリはなさらないように!

Commented by monsteracafe at 2009-03-29 17:13
>hikaさん
自分の転職よりも、雄サンの昇格のほうが実は嬉しかったくらいです。
二人で協力して取り組んできた様々なことが、相当無理して頑張ってきたこのタイミングで、昇格という形で評価してもらえたこと、本当に嬉しいです。

昨日も今日も雄サンは仕事へ行ってしまいましたが、今までポンすけに頑張ってもらった分、この休日は彼女とべったり過ごしています(笑)

これから先のやりくりはしばらく課題ではありますが、先は長いし、ぼちぼちやっていこうと思います。
(・・・っていうか、ひとまず走り続けてきて、“燃え尽きた感”のある私・・・)
Commented by frifritom at 2009-03-30 09:29 x
雄さん、昇進おめでとうございます。これからも頑張ってください。
Commented by monsteracafe at 2009-03-31 06:53
>frifritomさん
ありがとうございます。

仕事に育児・家事、マンションの管理組合、入院中の義母のことなど、色々なことに頑張ってきた雄サン。
仕事が落ち着いたら、少しゆっくり休んでもらいたいなぁと思っています。
<< 雑誌 「日経Kids+」 フォローアップミルクのこと >>