「ほっ」と。キャンペーン

雑誌 「日経Kids+」

少し前ですが、「子育てスタイル」と「日経Kids+」のスペシャルコラボ企画、読者モニターに当選しました。
久しぶりの休日、ポンすけがお昼寝をしている間に、送っていただいた「日経Kids+5月号」を読みました。

■ 面白かった記事
最新号(5月号)の「日経Kids+」の特集は、コミュニケーション&学びの基礎となる、こどもの「話す力」「聞く力」を伸ばす記事。
ポンすけはまだ2歳なので、まずは、自分の気持ちや考えを相手に伝えることを大事に伸ばしてあげたいと思っていました。
記事のなかの「物事を整理して話す」、「人の話を落ち着いて聞く」などは、まだ先のことですが、例えば小学生になる頃にあわてて親が準備するのではなく、今から少しずつ、こどもへの話し方、接し方、時間のとり方などを工夫していけば、長期的に効果が出そうな気がしました。

■ 我が家の「親子コミュニケーション術」
夫婦2人ともがフルタイム勤務の共働きの我が家では、平日はどうしても一緒に過ごす時間が少なくなりがちです。
でも、ポンすけが生まれた頃から意識して続けていることは、一緒にいるときは、できるだけ彼女の視線の先を一緒に見て、彼女が興味を持っているものや感じているであろうことを、言葉にしてたくさん話しかけるようにしていました。

例えば、保育園から自宅までの帰り道。
抱っこしながら、ベビーカーを押しながら、自転車に乗りながら、
「今日は寒いね~。お手てが冷たくなってるね。」とか、「わぁ、この木には葉っぱがないねぇ。あ、あっちの木もないねぇ!」とか、「あ、信号機が赤になった!次に青になったら一緒にわたろうね」とか、絶えず話しかけるようにしていました。
言葉が話せるようになると、彼女も私の言葉を繰り返してくれたり、自分から先に見つけて話してくれるようになりました。

今のところ、とても表現力豊かなこどもに育ってくれている気がします。
  
■ 春休みに家族で行きたい!おすすめのレジャースポット
こどもと過ごす全国のレジャースポットが紹介されていましたが、行って良かったところは、以前ご紹介した「六甲山牧場」や「須磨水族園」など、比較的近くですぐに行けて、こどものペースで半日でも一日でものんびりと過ごせる場所です。
気になる話題のアミューズメントスポット、といえば、先日オープンしたばかりの「キッザニア甲子園」でしょうか。
ポンすけは2歳なのでまだ「お仕事体験」ができないのですが、3歳になったら、とりあえず一度連れていってみたいなぁと密かに思っています。
【子育てスタイルの「日経Kids+」 親子エピソードに参加中♪ 】
[PR]
by monsteracafe | 2009-03-29 17:38 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/10613975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ポンすけ、初めてのお留守番 雄サンの昇格と、頑張ってくれた... >>