先週1週間を振り返って…

先週1週間、保育園自体が休園になるという、想定外かつ社会的にも非常に稀有な状況に遭遇してしまった我が家。
1週間お世話になった両親からも、「さすがに来週は自分たちで何とかしなさい」と言われ(両親の負担も大きいので、当たり前だと思います。)、保育園の休園が続いた場合のことをあれこれ考えていました。

その中で、思いついたのが、同じ保育園・クラスに通うお友達のおうちと共同で、交代で自宅で保育する、というアイデア。
早速、友人に連絡を取り、相談してみたところ、友人ご夫妻からも賛同を得ました。

まだ他所のおうちで過ごすには、2歳4ヶ月とまだ小さいポンすけや同じクラスのお友達。
でも、先日、ポンすけを預かってくれたお友達ママの話を聞くと、案外、いつも一緒に過ごしている同じくらいの年齢のこども達同士なら、楽しく元気に過ごせるのではないかと思いました。
それに、苦手なものを食べるとか、一緒にお昼寝をするとか、1人よりも2人、複数のほうが頑張れる、という「集団の力」だって期待できそうです。

そんな話をしたら、既に私の友人が、先週1週間、その方法で乗り切ったのだそうです。
自宅保育には、こども達や家族自身が新型インフルエンザはもちろん、他の病気に感染しない自己防衛が必須となるのはもちろんですが、いざという時には、頼れるのは自分達、友人や周囲の人しかいない、ということでしょう。

 *****

また、職場の同僚と話していて、こんな嬉しい話もいただきました。
「もう少し仕事が落ち着いてきたら、違う時期に代休なども取れるだろうから、もしも保育園のお迎えや保育が難しいときには、一声かけてね!家も近いから、うちで○○ちゃん、預かるわよ!」
と。

ポンすけの世話や遊び相手に明け暮れ、私や雄サンの食事や洗濯までしてくれた両親はもちろん、ポンすけも私達もいろいろと大変な1週間でしたが、こうした危機的状況を経験したことで、思いがけない良いことがありました。
いつも危機に対応できるよう、準備をしたり、あれこれ想定しておくのは、悪いことではないと私は思います。
[PR]
by monsteracafe | 2009-05-30 09:00 | Life style | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/11131251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 近況 ポンすけの最近のおやつ >>