「ほっ」と。キャンペーン

ポンすけのお箸

なんでもかんでも「私はお姉ちゃん」病の一環で、最近は子ども用スプーンではなく、お箸や大人サイズのスプーン(本人いわく「ちゅっ(=中)くらいのプチューン」)を使いたがる彼女。

子供用のお箸は、「御影クラッセ」1階の「COTO DECO(コトデコ)」で購入しました。

箸の長さは1cm刻みで販売されていて、子どもの手のサイズにあわせて選べるようになっています。
(店頭には、こどもの手を載せて、計測する早見表のようなものもありました。)

私がこのお箸を買ったのは、半年以上前になると思いますが、なんでも大人の真似をしたがる時期だったので、1セットくらいあってもいいかな、と思い、2歳半くらいを想定した長さのお箸を選んでおいたのでした。

いつも私たちが箸を使って食べているのを観察していたのか、けっこう上手に持てています。
素麺のようにお箸に絡んで取りやすいものなら、お箸で食べられるようになりました。

お箸よりもまずはスプーンやフォークをきちんとした持ち方で持てるようになってほしいところですが、これも個人差というのか、本人の気分次第なところがあるので、しばらくは好きにさせてみようと思い、見守っています。
[PR]
by monsteracafe | 2009-07-01 06:23 | お気に入り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/11411982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エレナ at 2009-07-02 08:46 x
うんうん。お姉ちゃんになりたい!んだよね~。
かわいい♪

うちも箸は持ち方も綺麗で上手に食べますが、スプーンの持ち方はいまいち。あとは茶碗に人差し指を入れて食べる格好をどうにかせねば!と毎回「指!」って注意しています。。。
Commented by monsteracafe at 2009-07-03 05:48
>エレナさん
そうなんです。
最近、“おねえちゃんだから!”は、魔法の言葉で、これをうまく使うと何でも自分で頑張ってやろうとします(笑)

本当にお姉ちゃんにしてあげたいなぁ、といつも思います。

保育園では、2歳児の9月から、スプーンを正しく持つ練習をしていくそうなので、そのタイミングにあわせて家庭でも指導していければなぁと思っています。
Commented by 魔法の3歳 at 2009-07-03 09:10 x
3歳になると、ぐっと成長するのだそうです。
子どもたちもそれを意識してか、「3歳になったからお兄ちゃん、お姉ちゃん」という感じになっていくそうです。
うちは3歳になったとたん、オムツが外れたわ。
Commented by monsteracafe at 2009-07-04 05:01
>魔法の3歳さん
コメント、ありがとうございます。

「魔法の3歳」、素敵な言葉ですね。
うちの娘はもうすぐ2歳半ですが、ここ数ヶ月の言葉の発達や、日々の成長は目を見張るものがあります。
ぐっと子どもらしくなってきたというのか、1人の人としての個性を見せてくれるようになってきました。

我が家も同じように、3歳になったとたんにオムツも外れてくれるといいのですが。(笑)
<< 今年も梅干を作ります ちょっぴり豪華な卵かけご飯 >>