「世界手洗いの日」と「世界手洗いダンス」

今年の夏頃に、仕事の関係でユニセフの方と知り合いました。

国際衛生年であった2008年から毎年、10月15日が「世界手洗いの日」と定められ、昨年の2008年には、世界の73カ国でせっけんを使った手洗い促進の運動が行われ、1億2,000万人以上の子供たちが参加したのだそうです。

2009年の今年は、日本でも「世界手洗いの日」プロジェクトが始まります。
風邪やインフルエンザ、目や皮膚の感染症などを予防するために、石鹸を使った手洗いは、開発途上国だけでなく、日本の子供たちにとってもとても有効です。

子供たちに手洗いの大切さを伝えるために作られた、「世界手洗いダンス」。
踊っているのは、NHK教育テレビ「からだであそぼ」などでもおなじみの森山開次さんです。


世界で5歳の誕生日を迎えられずに命を終える子供たちは年間920万人。
その原因の多くが予防可能な病気だそうです。

私たちの生活に当たり前にある、水やトイレ、そして食事…

それらが不足しているために、不衛生な環境や生活習慣を強いられ、下痢や肺炎にかかって命を失う子供たちが330万人もいます。

もし、せっけんを使って正しく手を洗うことができたら。
年間100万人もの子供の命が守られるといわれ、また下痢によって学校を休まなければいけない子供たちが大幅に減ります。

自分の体を病気から守る、もっともシンプルな方法のひとつが、せっけんを使った手洗いなのです。

今までもポンすけと一緒に「外から帰ったら手洗い!」「ご飯の前には手を洗う!」「トイレの後は手洗い!!」…と口をすっぱくしていた私ですが、これからは、こうした楽しい方法で、一緒に手洗いを続けていきたいと思っています。

[PR]
by monsteracafe | 2009-10-05 06:40 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/12088495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 10月始まりのスケジュール帳 讃岐うどん専門店「丸亀製麺」 >>