明石日帰りミニバス旅行

明日は私、明後日は母の誕生日、今日は祝日でみんなお休み、ということで、数ヶ月前に転勤で関西に戻ってきた弟が「明石日帰りツアー」を企画してくれ、我が家の3名と両親、弟の6名で楽しんできました。

阪神三宮駅で「三宮・明石市内1dayチケット」を購入し(大人千円)、山陽電車で9時半に明石に到着しました。
b0075888_8454851.jpg
駅に飾っていた大きなたこを見つけ、突然「チューチュー、たこかいな♪」と大喜びでダンスを踊るポンすけ…。
朝から絶好調で出発です。
b0075888_8461398.jpg
駅前から、明石市内の観光名所や施設を巡回する「ちょいのりバス」に乗ります。
こちらは、「三宮・明石市内1dayチケット」を持っていれば乗車は無料。1回乗車は100円、1日乗り放題でも300円、ととてもお得なミニバスです。
b0075888_8471319.jpg
まずは、明石市立天文科学館へ。
b0075888_8463921.jpg
私と雄サンは結婚前に一度行ったことがありましたが、弟は小学校の頃の遠足以来だそうです。
12月から大改修に入るので、一時休館するそうです。
祝日の今日は、プラネタリウムでは、ちょうど子供向けのプログラムをやっていました。夏から冬にかけての星座や星の動きについて、分かりやすく説明してもらいました。
14階にある展望台からの眺めも素敵でした。

お昼は、再びバスに乗って、たこフェリー乗り場のお食事処明石漁師めし 新浜」でいただきました。
ポンすけは、海苔を混ぜ込んだ海苔素麺(「明石のり素麺」)を、
b0075888_8481237.jpg
私たちは「たこ(づくし)定食」やお刺身がたっぷりのった「漁師の丼」を食べました。
b0075888_848293.jpg
海苔の佃煮とわさびを混ぜたタレをかけていただくのが新鮮で美味しかったです。
海苔素麺をお土産に買って帰りました。

再びバスに乗り、まったりと明石市内を車内から眺めました。ポンすけはしばしお昼寝。
ちょうど目が覚めた頃、大倉海岸の端にある温泉「龍の湯」へ到着。

天然温泉で、お湯は鉄分と塩分が多く含まれた茶色っぽい色をしていました。

お風呂あがりにのんびりしてから、またバスに乗って、駅前の商店街「魚の棚商店街」へ。
b0075888_848551.jpg

ポンすけは市場に並ぶものを珍しそうに見たり触ったり、
b0075888_8493562.jpg
ちょっと目を離した隙に一人でお店の方から試食をさせてもらっていたりして、親として恥ずかしい場面もありました。
b0075888_85027.jpg

最後に、早めの夕飯を兼ねて、私が高校生の頃から通っていた明石焼き(玉子焼きとも)のお店「本家きむらや」さんに行きました。
お店のおばあちゃんいわく、たこ焼きではないので、やはりソースではなく、だしか塩で食べてもらいたいとのこと。
b0075888_8502469.jpg
5.5人で3人前(60個)、おなかいっぱいになりました。

明石駅で弟と別れ、山陽電車と阪神電車を乗り継いで帰宅。
とても楽しい1日でした。
家族みんながポンすけのペースにあわせてくれたおかげで、彼女もずっと楽しそうにしていました。
お金をあまりかけず、こうして近場で楽しむ過ごし方もあるのだと、弟に教えてもらいました。
[PR]
by monsteracafe | 2009-11-03 22:56 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/12259906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お友達とお誕生日W祝いランチ いらなくなった美しい紙で封筒を作る >>