ポンすけの「お姉さんパンツ」

1歳3ヶ月の頃から、の~んびりとトイレトレーニング(トイレでおしっこをする練習)をしていたポンすけですが、今年の夏頃から、ようやく自分で「トイレに行く!」「なんか出そう!」と言ってくれたり、寝ている間にも雄サンを起こしてトイレに行ったりするようになりました。

○んちのほうも、今年の春頃からトイレやおまるを使ってできるようになり、ついにこの秋、おむつが取れました。
外出や寝るときにも、布のパンツを履いています。レストランや飲食店、商業施設のトイレなどにも自分から入っていきます。
(おかげで、紙おむつがたくさん余っています。)
b0075888_8102474.jpg
少しずつ、トイレが出来るようになると買ってあげていた布パンツ。ポンすけは、憧れの気持ちを込めてか「お姉さんパンツ」と呼んでいます。

自分で箱に入れて管理をさせています。そのうち、彼女専用のタンスを作ってあげようと思っています。

布パンツには、どちらが前なのかが分かるように、すべて前に小さなリボンやお花のアップリケをつけてあげました。
自分で脱いだり履いたりできるので、便利なようです。
[PR]
by monsteracafe | 2009-11-18 06:07 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/12347501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「まごこはやさしいよ」という食... 石垣島への旅 >>