「まごこはやさしいよ」という食べものの取り方

ずいぶん前にご紹介した「まごはやさしい」という、体にやさしい伝統食の組み合わせですが、最近あるフォーラムで聞いたのは、「孫・子は優しいよ」という、2つの食品群が新たに増えたキャッチフレーズでした。

つまり、子=米類、よ=ヨーグルト、が追加されていました。

確かに、以前、「あれ?肝心な主食のご飯はどこに分類されるんだろう?」と疑問に感じたことがありましたが、果物を差し置いて、ヨーグルト!とは、「ちょっと無茶な…」と思ってしまいます。

でも、最近、新型インフルエンザ予防にヨーグルトのある成分が有効であることが発表されたり、病気を予防するのには、おなか(=大腸)を元気にする、つまり良い腸内菌を増やすことが大切だと言われています。

また、ヨーグルトには、免疫UPだけでなく、メタボリック対策やダイエットの効果も期待できるそうです。
b0075888_1025534.jpg
…というわけで、急に冷蔵庫にヨーグルトが増えている我が家です。
[PR]
by monsteracafe | 2009-11-19 06:19 | Health | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/12351126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nattsu at 2009-11-20 09:01 x
上の子を妊娠した時に、この言葉が我が家の食卓のテーマでした(笑)確かに主食がないなーと思った記憶があります。
主食とヨーグルトが追加されて、バランスが良くなったかな?
近頃は時間との勝負で、手早く作ることばっかり考えてたから、毎食とはいわないまでも、少しでも近づくよう実践したいです。
Commented by monsteracafe at 2009-11-20 09:34
>nattsuさん
うちも、できるだけ心がけてはいますが、毎食だと難しいので、1日3食で達成できるように献立を考えています☆

今朝もポンすけが私のカスピ海ヨーグルトを横取りしてきれいに食べてくれました。。。
<< お醤油スプレー ポンすけの「お姉さんパンツ」 >>