「ほっ」と。キャンペーン

3歳児のお友達とのかかわり方

ディズニーのショーを見て、お昼を食べたら寝てしまったポンすけでしたが、電車に乗って帰宅してベッドに横に寝かせた途端、目を覚ましてしまいました。
(これも最近よくあるパターンです。)

少し家で遊んでから、近所の公園へ3人でお散歩に出かけることにしました。
b0075888_8351326.jpg
春はたくさんお花が咲いているので、ポンすけが見つけては教えてくれます。子どもがいなかった頃よりも、のんびりと歩き、お花や景色を観察するようになった私たちです。
b0075888_8352185.jpg
公園に到着すると、砂場に先客がいて、ポンすけに手を振っていました。保育園で同じクラスのお友達でした。(昨日のスイミングも、偶然ですがディズニーのショーも一緒だったので、この土日、ずっと一緒です。)
b0075888_8352852.jpg
お友達が砂場の道具を貸してくれて、二人が一緒に遊び始めました。一瞬、ポンすけがお友達のものを奪い取ってしまうのではないかとヒヤヒヤしましたが、二人はあれこれ会話しながら、協力して砂や泥のお餅やお団子、ドーナツなどを作っていました。
b0075888_8353587.jpg
驚いたのは、水が欲しくて、二人でじょうろを持っていき、公園の水道の蛇口(結構かたいのです)を一人がひねり、もう一人がじょうろを持って水を汲む…というのを自然にやっていたことです。

まだまだ小さいので親は見守る必要がありますが、もう子どもたちの世界にいちいち親が介入しなくても、3歳児は3歳児なりにうまくお友達とコミュニケーションを取っているのだなぁと感心しました。
b0075888_8354343.jpg
その後、滑り台などをしてから、今度は自転車に。お友達が自転車に乗っている間はポンすけが併走し、次に交代して自転車を貸してもらってポンすけが運転。
b0075888_8355184.jpg
帰るのを嫌がるほど、楽しそうに過ごしていた二人でした。

昨日・今日と公園でのんびり過ごし、お花見も楽しんだ満足感を感じました。
他にも、同じ保育園のお兄ちゃん・お姉ちゃんにも偶然出会い、そのたびに挨拶を交わしていたポンすけでした。
[PR]
by monsteracafe | 2010-04-04 22:34 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13102319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ママさん宇宙飛行士、山崎直子さん。 ディズニーライブ「ミッキーとく... >>