「ほっ」と。キャンペーン

ママさん宇宙飛行士、山崎直子さん。

今日、無事に打上げられたスペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗している、“日本人初のママさん宇宙飛行士”山崎直子さんを、先日のニュースで初めて知りました。

7歳の娘さんがいる、働くママの現役宇宙飛行士!
なんて壮大で夢のある、スケールの大きなやりがいのあるお仕事でしょうか。

さぞかしお仕事と家庭の両立は大変だろうなぁ、と思って調べてみたら、こちらの記事によれば、同じく宇宙関連のお仕事をしていたご主人は、妻を支えるために会社を退職して育児に専念し、奥さんが宇宙へ行く夢を叶えるサポートをしてきたそうです。

山崎直子さんについて、ほとんど知らない私ですが、第一印象がすごく爽やかでキレイで、肩に力が入っていなくて、こんな偉業を成し遂げたようにみえない自然な感じがすごく素敵だなぁと思いました。
(ご主人の大地さんも、同じく爽やかで、カッコイイです☆)

39歳という年齢で、初めて宇宙へ行く、ということにも勇気づけられる気がしました。

他のニュースで、現在の境地に達するまであれこれ悩んだというご主人の大地さんの著書「宇宙主夫日記」も紹介されていたので、ぜひ読んでみたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2010-04-05 23:17 | 「働く」ということ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13108132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< すかいらーくの冷凍ディッシュ“... 3歳児のお友達とのかかわり方 >>