細川 貂々 著「ツレはパパ1年生」

私が時々チェックしているインターネットサイトの1つに、「cafeglobe」の「ワーキング育児奮闘記 スローときどき汗」という漫画家・細川貂々さんの連載があります。

ポンすけより約1年後に生まれた男の子の育児の様子をひとこまの絵でほぼ毎日ネット配信しているのですが、こちらのお宅、出産後しばらくして細川貂々さんが仕事に復帰し、夫のツレさんが家事・育児を主に担っていた、というあたりが、ポンすけが生まれた頃の我が家ととてもよく似ているのです。

最近、図書館でお子さんが生まれてからの1年をまとめた本、
ツレはパパ1年生
を見つけたので、早速読んでみました。
b0075888_10513021.jpg
ネット配信されているものよりも、もっと当時の様子がありありと描かれていて、特にお子さんが生まれた直後1ヶ月頃の育児の大変さを夫婦で実感する様子には、当時の自分と雄サンのことを思い出してしまい、涙が出てきてしまいました。

ポンすけがだんだんと大きくなり日々成長している毎日のなか、自分の中で少し印象が薄れてきていた新生児~赤ちゃんの頃の様子、また2人目が生まれたらこういう生活を送るようになるのだなぁと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2010-04-07 22:49 | Life style | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13118606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 保育園の先生からのお手紙 辛そうで辛くない少し辛いラー油 >>