保育園の先生からのお手紙

3月末に退職した先生から、思いがけずお手紙をいただきました。

先生の3月の最後の勤務の日、先生を見かけたのですが、ちょうど受け持ちのお子さんの保護者の方とお話が盛り上がっていたようで、なかなか終わりそうになかったので、あきらめて帰ったのでした。
先生には事前にお手紙とお餞別をお渡しし、我が家の気持ちは伝えていましたし。

ところが、先生も後で私とポンすけが帰ってしまったのを知り、追いかけてくれたのですが間に合わなかったのだそうです。
そうしたことと一緒に、普段のポンすけの保育園での様子が、先生からのお手紙には書かれていました。

「ポンすけちゃんは、いつもおうちであった事を嬉しそうにたくさん話してくれていました。
ご家庭でも愛情をたくさん受けて育ってるんだなぁという事がいつもよく伝わってきました。
今までポンすけちゃんお成長を見守ってくる事が出来て本当に幸せでした。
これからのポンすけちゃんの成長も楽しみにしています。」

先生と一緒に過ごした3歳までのポンすけが、保育園で何をおしゃべりしていたのかは分かりませんが、先生からのお手紙を読んで、なんだか気持ちが温かくなりました。
[PR]
by monsteracafe | 2010-04-08 23:08 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13123387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< チューリップが咲きました。 細川 貂々 著「ツレはパパ1年生」 >>