ポンすけのお店やさんごっこ

昨夜、ポンすけと2人で夕方と夕食後に、彼女の希望で大好きなお店屋さんごっこを延々としていました。

以前は自分がお店やさんをやりたがったのに、今日は自分がお客さんの役。
しかも、大好きなピンクのかごバッグ、お財布、いちごの形の手提げ(いずれも私が譲ったり買ってあげたりしたもの)などを自分でコーディネイトして、お洒落をしてお店にやってくるのです。

あるときは、「今日は寒いわねぇ」と言いながら、ピンクのイヤーマフ(耳あて)をしてやってきたり、「今日は雨ですねぇ」とレインコートを着て来たり。

またあるときは、「私、赤ちゃんがいるの。あっ、今、お腹を赤ちゃんが蹴ったわ!」と、妊婦さんだったり。
強烈だったのは、「私は34歳なの。1歳の赤ちゃんがいるんだけど、おっぱいあげてげっぷさせないといけなくて・・・これから赤ちゃんを診てもらいに、病院へ行くの。」と、お気に入りのぬいぐるみを抱いた、ママの役。

設定が随分細かいので、驚きました。
普段の私と他の人との会話をじっと聞いたり、観察しているのだと思います。

※後日追記
「34歳なの」の元ネタが判明しました。
ポンすけいわく、昨年度の男性の保育士さんの先生の年齢が「34歳」なのだそうです。
今、年齢にも興味があり、「3歳の次は4歳、4歳の次は?」と続き、「18歳になったら車の運転ができる!」と喜んでいます。
[PR]
by monsteracafe | 2010-04-12 06:47 | 家族 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13138355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まゆきち at 2010-04-12 11:08 x
「私は34歳なの」に吹いてしまいました(^皿^;)
子供っていろんなことにちゃっかり耳を傾けていて
覚えなくていいこともたくさん吸収してるのでびっくりさせられます。。何もかもが新鮮で、自分で話せるっていうのが楽しいんですね♪

ちなみにポコすけは駅のアナウンス(駅のおもちゃがあるので)や大型車などの「ピピーンピピーン、左に曲がります」ってやってます。
一番おもしろかったのは駐車券発行機の「駐車券をおとりください。病気になっちゃいます。」・・・・・なぜ??
何を聞き違えているのか、うまく言えないのか未だ解明されていません。。
Commented by monsteracafe at 2010-04-12 13:00
>まゆきちさん
他には、「うちには小さい子がいるんだけど、今パパがおうちでお世話しているの」という台詞も。
(・・・どこかで見てたのか!?)

私の年齢は詳しく教えないようにしているのですが(苦笑)、子どもって案外いろいろなことに耳を傾け、わりと理解していますよね。
Commented by NATE at 2010-04-12 15:49 x
ポンすけちゃんかわいいですね。そしてすごい‼うちの息子も自分のお腹に「赤ちゃんがいるんです〜」と言ったことがあるのですがその時も笑っちゃったのですが女の子は更にすごい観察力ですね。素晴らしい‼
Commented by monsteracafe at 2010-04-12 16:39
>NATEさん
コメント、ありがとうございます(^^)

3歳にもなると、子ども(女の子だから?)ってすごいなぁと思うのは、私のお腹がだんだん大きくなっていくのを指摘したり、一度私が話したことを覚えていて、
「ママのお腹は叩いちゃダメで、やさしくよしよし、ってなでるんだよ。」
「もうすぐ赤ちゃんがお腹を蹴るの?○○ちゃんも昔、エイエイッ!って蹴ってた?」
「今日は赤ちゃんがママを起こしてくれたの?もう少し○○ちゃんがママと一緒に寝ていたかったのになぁ」
「赤ちゃんが夜寝なかったら、○○ちゃんが抱っこして、一緒に寝てあげるから大丈夫だよ」
・・・などなど、色々お話してくれます。

最近はよくお腹にぬいぐるみを隠して、妊婦さんのフリをしています。
Commented by NATE at 2010-04-13 11:18 x
ひや〜かわいいですね‼
妊婦さんの真似はうちの息子も私の妹が臨月の時にしたことがあります。おもしろいですよね〜‼びっくりしましたが....男の子もそんなことするんだ〜とf^_^;)
でもさすがお姉さんになるだけあってママへの気遣いも素晴らしい‼感心です‼
Commented by monsteracafe at 2010-04-13 12:51
>NATEさん
男の子でも妊婦さんの真似をするんですね(^^)
きっと身近な人だから、興味を持ったのでしょうね。

2学年差くらいで子どもが欲しいなぁと思っていた時期もあったのですが、こうして少し年が離れたきょうだいだと、上の子がいろいろなことを感じたり、ママを気遣ってくれるやさしい姿を見せてもらえたりして、これもまたいいんだなぁと最近では思っています。
(先日は、ママのものもらいの目薬を、娘が挿してくれたんですよ☆私は怖くてハラハラしましたが・・・)
<< 三宮 「北欧館」のカフェ ポンすけの関西弁 >>