家具を見に行く

先週、忌引休暇のおかげで普段育児などで忙しく、DINKS時代ほど色々話す時間が取れていなかった雄サンとゆっくり話す時間が取れました。

その中の話題の1つが、「これから家族がさらに増えるので、今後10~15年ほどの間、3LDK(洋室2部屋・和室1部屋)の我が家をどのように使って生活していくか?」ということ。

どうやら、現在3歳4ヶ月のポンすけと4学年違いの妹が生まれるようなので、しばらくは同じお部屋でも過ごせそう。
それに、私も雄サンも長らく塾講師や家庭教師の経験があるので、公立高校の受験くらいまでなら自宅で勉強を見てあげることもできそうなので、今流行りの「リビングで勉強する」スタイルでもよさそう。

でも、ポンすけが本格的に受験勉強などをする時期(中3・高3)には、下の子はまだ小学校5年生・中学2年生だったりするので、その時期にはポンすけに個室が必要になるだろう、時期によっては2部屋個室が必要になるから、その時には、私たちの寝室を一時的に使わせることも考えないと・・・と、色々シミュレーションができました。

ここ数年のところは、リビングと一続きになっている和室を、子ども部屋として使うことに決めました。
(ポンすけは私たちと同じ部屋で寝ているので、いまさらぽんすけだけ一人で寝なさいとは言えず、下の子が大きくなるまでのもうしばらくの間は、家族4人で寝るしかなさそうです。)

今、和室には電子ピアノとカラーボックス、雄サンの洋服かけを置いているのですが、配置を変更し、チェストを新しく買って置くことにしました。
3軒ほど家具関係のお店を巡り、結婚した頃・現在の住まいに引越しした頃に行って以来の「ニトリ」に行き、
ポンすけが自分で洋服や下着を片付けられそうな低目のチェストを見つけ、購入・配送手続をしました。
b0075888_9551592.jpg
引き出しにはレールがついているので、ポンすけが一人でラクラク開け閉めできます。
10年くらい使えればいいので、「ニトリ」の低価格の家具は魅力的でした。(3年保証もついていました。)

 *****

以前から懸案になっているダイニングテーブル(これも結婚した頃に「アクタス」で購入した2人掛けの90cm角)も、西宮の鳴尾浜にある「カリモク」のショールームでいいものが見つかりました。
こちらはまだ購入していませんが、好みのデザイン・予算の範囲内だったので、近いうちに購入することになるのではないかと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2010-05-30 23:43 | わがや | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13385507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-06-01 06:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by monsteracafe at 2010-06-01 09:10
>鍵コメさん
臨月や出産後は家の片付けや模様変えができなくなると思うので、今からの2ヶ月くらいで、子ども用の収納スペースを整えようと思っています。(あくまで目標・・・)

保育園と同じように「使ったら片付ける」「自分のものは自分で管理する」習慣をつけていきたいのですが、その環境を整えてからでないと子どもには言えないよなぁ・・・と思い(反省)・・・。

絵本も本棚に並べているのですが、すぐにそこから取り出してきて、リビングや寝室に絵本が転がっています。
彼女の好きなピンクと白を基調に、自分でしまいたくなる雰囲気を作ってみようと画策中です。

ぜひいいアイデアがあれば教えてください♪
<< 鶏胸肉のハム 東灘区一斉清掃 >>