「大葉ソース」のパスタ

大分県の産品をPRするサイト「Mio club」の「大葉こしょう・大葉ソース」のモニターに選ばれ、商品が届きました。
b0075888_10221542.jpg
「大葉こしょう」(40g)は、私の大好きな柚子胡椒・かぼす胡椒のようなピリッとした味。
(原材料を見たら、唐辛子・大葉・塩となっていたので、まさに柚子胡椒と同じ作り方をしているのだと思います。)
ほんのりと大葉の香りや風味が残っています。

「大葉ソース」(100g)は、オリーブオイル、大葉、にんにく、塩、唐辛子をベースにした、和風のジェノバソースのような感じ。
こちらはより強く大葉の存在を感じることができます。

パッケージもしゃれていて、素敵です。

早速、お味を試してみることにしました。
自宅にあった極細のパスタ(「天使の髪の毛」という意味のカッペリーニ)を茹で、ボウルの中で「大葉ソース」と和えました。
b0075888_10223243.jpg
さらに、お皿に盛り付けてから、ソースを少量かけ、松の実を飾った、シンプルな食べ方です。

大葉を使っているので、バジルを使ったジェノベーゼよりも少しさっぱりしていて、それでいてコクやうまみがたっぷり感じられ、満足感が得られました。

すごく凝ったソースに感じられるので、来客時のおもてなしにもピッタリだと思います。

まだまだソースは残っているので、他のお料理でも試してみたいと思います。

※後日追記
お豆腐ハンバーグのソースにしても美味しかったです。
[PR]
by monsteracafe | 2010-06-14 23:19 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13459734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 材料使いきりのレアチーズケーキ 「世界のごちそうパレルモ」のランチ >>