「シャトルシェフ」で作る、ふろふき大根

サーモス株式会社のモニターに参加中で、もともと持っていた「シャトルシェフ」のお鍋のほかに、先日届いた「シャトルシェフ(3リットル/3~5人用/20cm浅型)」を使っています。

 *****

私が持っている「シャトルシェフ」は10年前に結婚した時に母がプレゼントしてくれたもの
もう1つは、最新の「シャトルシェフ(3リットル/3~5人用/20cm浅型)」。
b0075888_846432.jpg
外側の色はずいぶんカラフルに、鍋自体はコンパクトになりました。
蓋がガラスになったので、中の状態が見えるのは便利だと思います。

 *****

早速、「シャトルシェフ」を使って、お料理を作ってみました。

米の研ぎ汁と輪切りにした大根をお鍋に入れて沸騰するまで火にかけます。
沸騰したら、「シャトルシェフ」の保温容器の中へ。
1時間経ったら、中身を取り出し、今度は昆布と水で大根をまた煮ます。
こちらも沸騰したら、保温容器の中へ。30分以上経ったら食べ時です。
b0075888_847149.jpg
先日作った梅味噌とすり胡麻をのせて、いただきました。

食べ切れなかった大根は、冷蔵庫で保存し、お味噌汁の具や煮物などに使えます。

 *****

1時間保温調理をしてみて、10年前のお鍋よりも、熱伝導率や保温力がUPしているような気がしました。
また、お鍋がコンパクトなので、洗ったり・持ち運びもし易く、従来品よりも、より使い勝手が良くなったように思います。
(夏場はお鍋ごと、冷蔵庫に入れられそうです。)
沸騰するまでの間の火力しか使わないので、経済的でエコな調理法といえます。
b0075888_15223238.jpg
src="http://bloganalyze.com/c_c2r189m10.gif">
[PR]
by monsteracafe | 2010-09-01 15:23 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13591843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Tea Time」のシュークリーム 御影「花家」のランチ >>