「ほっ」と。キャンペーン

山西みな子 「もっと自由に母乳育児」

ポンすけを出産した時は、産前・産後休暇だけで復帰した(夫である雄サンが育児休業を取得してポンすけを育てた)ので、私が母乳をあげていたのは、生後5ヶ月くらいまでで、その間もミルクとの混合でした。
混合の割合も、出産直後から10:0、9:1・・・と徐々にミルクの割合を増やしていき、生後6ヶ月で保育園に通う頃にはミルクだけになっていたと思います。

今回は少なくとも保育園に登園できる来年の3月か4月まで、私が自宅にいるので、母乳を多めでやっていこうかな、と思っていました。

先日読んだ山本ふみ子さんの本の中で、「働くママでも母乳育児は続けられる」という話が紹介されていました。
詳細はこちらの本に書かれているとのことで、早速図書館で借りて読んでみました。

もっと自由に母乳育児―マニュアルより赤ちゃんとの「対話」を (健康双書)
b0075888_9423878.jpg
この本が書かれたのは1990年代です。2010年現在は、母乳のよさが理解され、産院などでも母乳をメインで与えるように指導されていますが、この本では母乳を与えることの良さがさまざまな言葉で力説されています。

また、赤ちゃんにとって美味しい母乳を作るためのお母さんの食事、生活習慣、母乳を与えるタイミングや量などについて詳しい説明がされています。

また、母乳が思うように出ない、乳腺炎などのトラブルへの対処法もたくさん載っています。

母乳だけでなく、その後の離乳食など赤ちゃんの食事についての記述もとても参考になると思います。
この本を読んでいると、いかに従来の日本食(主食のごはんをたっぷりと、野菜をたくさん、魚や小魚、豆類などを少量とる)が優れていたかを再認識できると思います。

この機会に、自分自身の食生活や生活習慣をもう一度見直して、赤ちゃんやポンすけにより良い環境を準備してあげたいと思いました。

※追記
昼間働くママが母乳育児を続ける場合、朝起きてから保育園に登園するまでに小刻みで少量ずつ母乳を与えておき、昼休みなど職場にいる間に加圧し(搾乳はしない)、帰宅してから寝るまで授乳、さらに夜中も寝る前と3時頃に授乳を続けていると、よい状態が続くのだそうです。
加圧法は、この本の中に詳しく図解されています。
[PR]
by monsteracafe | 2010-07-28 23:46 | Life style | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13670559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ZOW at 2010-07-29 11:00 x
母乳育児いいですよね★10年前の色々なことを思い出しました。

私は1年間家にいて母乳オンリーでした。母乳の良さをしみじみと実感しました。ただ焼き肉とケーキを食べて、乳腺炎になり救急に運ばれたときは出産よりも辛かった記憶があります…。食事は大事だと痛感しました。

hiroさんも4月復帰されるのですね!追記で書かれている方法で少しでも続けてあげられたらいいですよね♪参考にして頑張れたらいいなぁと思います。

ponちゃんの時にご経験されてるミルクとの混合ですが、上の子が哺乳瓶を全く受け付けてくれなかったので、今回はどうなるか不安です…。
Commented by nattsu at 2010-07-29 11:12 x
私もこの本熟読しました!
今読んでも全然違和感ないですよね。

初めての赤ちゃんで何かと神経質になっていた時にこの本を読んで少し肩の力が抜けて楽になりました。
二人目はかなり適当になりましたけど、その分、育児が楽しかったです(^^)
Commented by まゆきち at 2010-07-29 13:49 x
加圧・・・ですか?
報告忘れてましたが無事来月から保育所通えるようになりました。
一人目の時は母乳の出が悪く、長いこと混合だったのですが
今回は出産直後はよくなかったものの、1ヶ月ほどで軌道に乗り
完母になっていました。
親などに預けた時にミルク飲ませていましたが、先月は完全に哺乳瓶拒否になっており(><)
今更トレーニング中です。

入所を機にきっぱり止める気はありませんが、よく出るので
乳腺炎が心配です。
Commented by monsteracafe at 2010-07-30 06:25
>ZOWさん
乳腺炎、私はなったことがない(と思う)のですが、経験者によると、本当に痛いらしいですね。

前回は雄サンが育休を取り、赤ちゃんのお世話をする、ということもあり、ミルクも飲める子に最初からなってもらいたいと思って育てました。

哺乳瓶を飲んでくれずに困った話もよく聞いていたので、今回も哺乳瓶を嫌がらないように、ある程度は両方に慣れてもらいたいと思っています。(実家や雄サンにみてもらうこともあると思うので・・・)

いずれにしても、あまり固執せず、我が家らしいペースで出来るだけ良質な母乳をあげられたらいいなぁと思っています。
Commented by monsteracafe at 2010-07-30 06:27
>nattsuさん
nattsuさんもこの本、読んでらしたんですね!
確か、お2人目の時は、仕事に復帰してからも母乳をあげてらっしゃいましたよね?
nattsuさんを見ていて、フルタイムで働いていても、朝晩、母乳はあげられるんだなぁと思いました。

私も久しぶりの2人目の赤ちゃん育児、楽しみながらできたらいいなぁと思います。
Commented by monsteracafe at 2010-07-30 06:30
>まゆきちさん
2人目の娘さんも保育園、入所が決まったんですね!
上の子と同じ保育園でしょうか?
良かったですね(^^)♪

母乳をあげるにしても、今度はいつまで与えるか、いつごろ離乳するか・・・という問題がありますね。
この本によると、離乳の時期も、子ども次第というか、いくつになってもよいそうです。
<< お気に入りの器 かぼちゃと粉チーズのクリームソ... >>