「ほっ」と。キャンペーン

映画 「うまれる」

神戸では11日から公開開始の映画、「うまれる」を、先日、お友達のosoraeさんと一緒に観てきました。
(以前から気になっていたら、映画の招待券が当たったのです。)

私はもうすぐ4歳になるポンすけと3ヶ月の赤ちゃんの子育て中、osoraeさんのおうちも、ポンすけと同じ月に生まれたそらちんちゃんと、お腹にいる赤ちゃんは8ヶ月に入ったところ(osoraeさんは妊婦さん)。
二人とも、最初から泣くつもりで、ハンカチやタオルを持参していました。

 *****

映画「うまれる」は、妊娠・出産・育児をテーマに、命の尊さ、自分自身の原点、家族の絆、人とのつながり、そして生きることを考えるドキュメンタリー映画です。
うんでくれて、うまれてくれてありがとうと、涙できる映画です。

すべての人はみな、何らかの役割を持って、お母さんのおなかから産まれてくると言います。
そして、この地球上の人全てが、3億個の中から選ばれた1つの精子が受精した、たった0.13ミリの小さな小さな受精卵から始まった「奇跡の存在」です。
【映画の公式サイトより】

子どもの頃に母親から虐待を受けたことのある妊婦さんが、初めての赤ちゃんを出産するまでの様子(ご主人がだんだん父親になっていく様子)を追いながら、不妊、流産、死産(誕生死)といった重いテーマも取り上げ、それぞれをひとつひとつ丁寧に取材しています。

出産のシーンでは、3ヶ月前にたいちゃんを産んだときのことが頭によみがえり、自分も痛みを感じながら応援するような気持ちで見てしまったり、立ち会ったご主人が慌ててペットボトルをそのまま手渡して奥さんに怒られていたのを見て、“ああ、私もポンすけの時、雄サンに「蓋開けてくれなきゃ飲めないじゃない!」って言ったよなぁ・・・”と思い出し笑いをしたりしました。

出産予定日に突然お腹の赤ちゃんの心臓の動きが止まり、子ども(椿ちゃんと命名)を失ったご夫婦の話を見ていたら、自分が一度流産したときのことを思い出し、ご夫婦と同じように“あの子も何かの役割をもってこの世(お腹の中)にやってきて、私たちに会いにきてくれたんだなぁ”と思うことができました。
b0075888_016949.jpg
(画像はHPからお借りしました。)

また、18トリソミーという難病を抱えて生まれてきた虎ちゃんを育てている夫婦が、とても明るい表情で子育てをしている姿に感じるものがありました。
b0075888_014389.jpg
(画像はHPからお借りしました。)

どのご夫婦もイキイキとしていて、互いに支え合って生きているのが感じられて、とても素敵でした。

映画では、虎ちゃんが無事に1歳のお誕生日を迎えたことや、椿ちゃんの死後、新しい家族が増えたことなど、嬉しいシーンもあり、さらには映画を観た後に映画のブログを見ると、今月の25日には、虎ちゃんがさらに2歳のお誕生日を迎えられるのではないかと、さらに嬉しくなりました。

ほかにも色々なことを感じた映画で、まだうまく感想をまとめきれないでいるのですが(この記事を書くのにも3日ほどかかってしまいました。)、少しでも多くの人に見てもらいたい映画だと思います。
b0075888_126756.jpg

[PR]
by monsteracafe | 2010-12-14 00:14 | Life style | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/13842559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from そらちんとの日常 at 2010-12-19 05:54
タイトル : 映画「うまれる」
早くご紹介したいと思いつつ、この記事を書くのに1週間。未だ上手くまとまりません。 11日土曜日、映画「うまれる」を、神戸での公開初日に友人のhiroさんと観に行ってきました。hiroさんが招待券が手に入ったからと誘ってくださったのです。 hiroさんはそらちんの大好きなお友だち、ポンすけさんのお母さん。今年9月にポンすけさんの妹さん、たいちゃんを出産したばかりです。そして私も現在妊娠8ヶ月、3月に2人目出産予定とあって、いつも以上に感情を揺さぶられるであろうことを予想し、いくら泣いても良い...... more
Commented by osorae at 2010-12-16 05:32
先日は本当にありがとうございました。

映画からも、その後のhiroさんとの会話とも、本当にいろいろと感じるところがあり、わたしも未だに感想をブログに書けないでいます。多くの人に見てもらいたいと思ったのは私も同じなので、近日中に記事UPしよう!と思いつつ、今朝も書けませんでした(笑)。

それにしても、虎ちゃんが2歳のお誕生日を迎えられるというニュースは嬉しいですね!
Commented by monsteracafe at 2010-12-16 12:02
>osoraeさん
こちらこそ、ありがとうございました。

いつもはスラスラと記事が書ける私ですが、この映画の感想は感じること、思うことが多すぎて、うまくまとめられずに時間がかかってしまいました。
映画のブログも、映画に盛り込めなかったことなどがたくさん書かれていて、時間があるときに読んでいます。

本当に多くの人に見てもらいたい映画ですね。
osoraeさんの記事も楽しみにしています。
Commented by 映画「うまれる」牛山朋子 at 2010-12-16 18:10 x
hiro様、ブログに映画『うまれる』を書いていただいて誠にありがとうございました!

今後ともよろしくお願い致します。
ありがとうございます。
Commented by monsteracafe at 2010-12-17 16:56
>牛山朋子さま
こちらこそ、チェックしていただき、ありがとうございます。
プロデューサーの牛山さんからコメントをいただけて、嬉しいです。

今、映画のサイトのスタッフのページを拝見しましたが、牛山さんのこれまでのお仕事や働き方にも同じ女性として興味を持ちました。
今回も素敵なお仕事をされましたね!
(ちなみに、学部は違うけれど、同じ大学の出身です。同世代かも・・・!?)
<< 私の服を、娘の服に。 ポンすけ、満3歳11ヶ月になりました >>