「ほっ」と。キャンペーン

入院中のこと

初めての出産と違い、今回はポンすけがいるので、お産の時や入院時はどのように過ごせばいいか、具体的にはなかなかイメージできませんでした。

お産は月曜日の早朝だったので、寝巻きのまま寝ているポンすけを雄サンが抱えて産院に連れて行きました。
保育園にも行けるよう、保育園の準備も持参していました。

産院の先生の粋な計らいで、普通の個室を希望していたところ、「上のお子さんもいるし、前回もここで出産してくれているから特別室にしておいたよ」と、シャワーと畳スペースがついた、広いお部屋にしてくれました。

お部屋に移って一段落したところで、ポンすけに「今日はどうする?保育園に行く?行ってみんなに赤ちゃん生まれたの、お話してくる?」と聞いてみたところ、「今日はお休みする。あした、みんなにお話する」と言うので保育園はお休みすることに。

途中で両親が産院に到着し、しばらくみんなでお部屋で過ごした後、父が運転する車で、雄サンとポンすけも実家へ行きました。
あまり寝ていなかったので、実家に着くなり、ポンすけも雄サンも寝てしまったそうです。
14時頃起きて、お昼を食べさせてもらったそうです。
その間、私も一人でゆっくり体を休めることができました。

夕方早めの夕飯を実家でいただき、また父の車で産院へ戻ってきました。ずっと産院にいてもポンすけが退屈したと思うし、食事の準備など、両親の配慮はとても助かりました。

 *****
b0075888_16483966.jpg
個室の畳スペースは、ポンすけが遊んだり、来客が多い時に座れたりして良かったです。

また、シャワーがお部屋にあったので、ポンすけは毎日私とシャワーを浴びて寝巻きに着替えてから、雄サンと車で自宅に帰っていました。

翌日からは、ポンすけは自宅から保育園に行き、雄サンがお昼寝とおやつが終わる15時半頃から17時前くらいまでに“早迎え”をして、病院に連れてきていました。
(雄サンは、仕事が一段落していたこともあり、「出産補助休暇」を利用して、入院していた5日間中4日間は休むことができました。)
b0075888_16491513.jpg
ポンすけは夕方のテレビを見たり、近くのスーパーで雄サンと買い物に出かけたりして、18時には家族みんなでお部屋で食事を食べていました。

昼間、雄サンには洗濯ものを持ってきてもらったり、二人でたいちゃんの名前を考えたり、役所への諸手続き(出生届、健康保険証の発行に必要な住民票、乳幼児等医療費受給者証の発行など)をしてきてもらったりしました。
出産直後、雄サンの出勤日、退院の日に、母や父には産院に来てもらっていました。

 *****

産院でご一緒して仲良くなった経産婦さんお二人の話では、実家に上の子とご主人が泊まっていたり、自宅に実家のお母さんに泊り込んでもらっていたそうです。
どちらも男の子1人(4歳)、2人(5歳、2歳)のご家庭だったので、どちらのお母さんも数日で疲れ果ててしまったそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2010-09-15 17:07 | 家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14010006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by osorae at 2010-09-16 06:03
我が家もまだ具体的に何も考えていないので、とても参考になりました。

うちはおそらくよーへーさんとそらちんが2人だけで過ごすことになり、病院もそれほど近くないので毎日は来られないだろうし、いろいろ準備が必要になるかもしれません。
Commented at 2010-09-16 23:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by monsteracafe at 2010-09-20 12:26
>osoraeさん
事前にシミュレーションしていたつもりでしたが、お産の時間帯といい(一番避けたい深夜~明け方でした。)、実際は計画通りにはいかないもので・・・(笑)

いつでも柔軟に対応できる、協力体制というか夫婦関係を日ごろから築いておくのが一番だと思います。
osoraeさん夫妻は大丈夫だと思います☆
Commented by monsteracafe at 2010-09-20 12:26
>鍵コメさん
コメント、ありがとうございます。
実は、出産予定日にもお店でお食事いただいたんですよ~♪
またお邪魔しますね☆
<< ポンすけの涙 近況報告。 >>