「ほっ」と。キャンペーン

子ども2人がいる、ということ。

たいちゃんを出産後、退院して自宅に戻ってから、2週間が経ちました。

我が家では、主に私は(産後間もないこと、授乳などの関係から)たいちゃんのお世話、料理を担い、雄サンが掃除や洗濯、買い物、保育園の送り迎えを含むポンすけのお世話をしています。

子ども2人と暮らす具体的なイメージがなかなか沸かないまま、実際に始まってみると、ポンすけが機嫌の良い時には、うまく私がたいちゃんのお世話をしていない時を見計らって、甘えてきたり、お世話をねだったり、一緒に遊ぼうとやってくるので、“案外うまくいくものだな”と最初は思いました。

でも、ポンすけが眠い時や、機嫌が悪い時には、やはり彼女もまだ3歳児、「○○ちゃんもミルク飲んでみたい!」「○○ちゃんも抱っこして!」とわざわざ(?)たいちゃんのお世話をしている方にやってきたりします。

特に大変な時間帯が、お風呂の時間。
基本的にたいちゃんが寝ている間に、私か雄サン、どちらかがポンすけと一緒にお風呂に入るのですが、先日、私が一人でお風呂に入っている間、雄サンがたいちゃんにミルクをあげていたら、ポンすけがやってきて「(ぬいぐるみの)アカネちゃんに寝巻きを着せるの、パパ手伝って」と言い、雄サンが「(今はたいちゃんにミルクをあげてるから)できないよ」と言うと、ポンすけはわんわん大きな声で泣き始め、お風呂場にいる私のところへ来て、訴え始めました。

泣きながらでしたが、彼女が私に訴えたかった気持ちは、私が理解したところでは、
「○○ちゃんはパパと一緒にお風呂に入ったあと、一人で体を拭いて、寝巻きに着替えて、寝る準備をした。アカネちゃんも寝巻きに着替えさせてあげないといけないけど、○○ちゃんは片足しか寝巻きのズボンを履かせてあげられなかった。寝巻きのズボンはアカネちゃん用の小さなサイズはなくて、○○ちゃんの長いものしかなかった。ママはお風呂に入っていていないし、仕方がないのでパパに手伝ってもらおうとしただけだ。なのに、パパは「できない」ってピシャリと言った。大人は今、パパしかいなくて、パパはたいちゃんのお世話をしている。○○ちゃんはパパしかお願いする相手がいない。たいちゃんのお世話ばっかりして、○○ちゃんのお世話をしてくれる人がいない。」
・・・という内容でした。

要するに、頑張って努力はしたけれど、手伝ってほしいと言っただけなのに、どうしてパパに拒否されなければならないのか、不本意だし悲しい、ということでした。

私たち親からしてみれば、“どうして赤ちゃんのお世話をしていて手が離せないときに、しょうもないこと(ぬいぐるみにポンすけの服を着せる)を・・・”と思うところですが、日ごろポンすけも頑張ろうとしてくれているんだと改めて思い知った出来事でした。

他にも、夕飯の時間にたいちゃんの授乳が重なってしまい、私がポンすけと雄サンに食事を出しながら、雄サンが授乳までたいちゃんをあやしていたりする時にも、ポンすけの相手をする手が足りなくなったりして、あたふたしたりします。
私も雄サンも、体は1つしかないので、これはもう、私たち親と、ポンすけ自身がおいおい慣れていくしかなさそうです。
b0075888_8252641.jpg
そして、これまで以上に、夫婦で協力して子どもと向き合い、家事をこなしていかなければ、子ども達2人ともが両親の愛情をたっぷり受けてのびのびと育つことはできないだろうなぁと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2010-09-24 17:53 | 家族 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14073119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まゆきち at 2010-09-24 21:02 x
全くの同意見です。。。
子どもが2人いるってこんなに大変なんだなってまだ毎日実感中です^^;
忙しい時に限ってしょうもないことで呼び出したり邪魔したりするんですよね。
我が家は授乳中に反対側を飲みたがったりします。授乳中に「今すぐ」とわがままを言ったり。。。
一番ややこしい時期ですしね。分かってはいるんですけど、
思い通りに事は運ばないですよね。

私はこの夏、ちょっとしたノイローゼになりました;;
今月から働き始め、すさまじい疲労と戦いながら家事してますが
精神的には少し楽になりました。

hiroさん、今は二人いるからいいけど、仕事始まって残業や出張で片方がいない時、それを一人で全部こなさなきゃいけないんですよ~~^皿^

まだまだこれから何度も壁にぶち当たると思いますが、お互い頑張りましょうね☆

我が家は、年末、年度末に向けて、ダンナの帰りがだんだん遅くなるので食事・風呂・寝かしつけを一人でやらなきゃと思うと・・・
ゾゾー。。。です^^;

Commented by キトリコ at 2010-09-25 05:15 x
はじめまして。
キトリコと申します。
私も働くママで6歳と3歳のママです。
いつも楽しくブログを拝見させていただいております♪

子ども2人がいる、ということ。。。
本当にその通りですよね。
私も日々同じようなことを感じています。
そしてやっぱり一番大変だったなと思うのは、やはり下の子が生まれてすぐの頃でした。
今まで独り占めしていたパパとママなのに、急にそうではなくなってしまったことに上の子も戸惑っていたんだと思います。
うちの子もポンすけちゃんのような感じでしたよ。
でも、小さい子なりにだんだんと理解してくるんですよね。
ポンすけちゃんのこれからの心の成長も楽しみですね。

子どもが2人。
大変なことも多いですが、喜び、楽しさは2倍、3倍!
お互いに頑張りましょうねー☆

Commented by monsteracafe at 2010-09-25 10:48
>まゆきちさん
2月に2人目をご出産されたまゆきちさんでも、まだ「毎日実感中」ですか・・・(^^;)
ポンすけはマシな方だと思うのですが、やはり時々、“なんで今、そういうことをする(言う)かなぁ”と思うことをします。
子どもだから当たり前なんですが、赤ちゃんを見ていると、彼女がやたら大きく見えてしまったりして。

ポンすけと接する時は「もうすぐ4歳児の親」、赤ちゃんと接する時は「久しぶりの赤ちゃん育児に不慣れな親」になっていて、2人と同時に接するときに、自分が多少混乱しているのではないかと感じています。

確かに、これで仕事が始まったら、自分1人で子ども2人の相手をしなければならないことも増えますね。
ちょっとノイローゼっぽくなってしまう・・・のも、分かります。
今は少し落ち着かれたようで、安心しました。

先輩ママに聞くと、下の子が1歳とか1歳半を過ぎると、上の子と二人で遊んでくれたりして、ぐっと楽になるそうです。
楽しさは2倍以上だそうですし、頑張りましょうね!
Commented by sobachan at 2010-09-25 10:49 x
昔のことを思い出しました。入浴時はカーテンを閉め、危険なものを片付け、浴室の入り口に赤ちゃんを寝かせ、上の子と自分を洗い、そして赤ちゃんを入浴させる。と、毎日が綱渡りのような生活。主人の帰りが遅く、子供が寝入る頃帰ってきましたから全く役に立たず。子育てをするうちにカラスの行水になりました。ノンビリはいっていた独身時代の頃とは雲泥の差の入浴時間です。2歳9ヶ月離れていましたから少しずつお手伝いをしてもらいました。ご近所のおばさんに『子供は話せばわかるんだよ。きちんと理由を話せば理解するんだから』といわれたり、腹が立つ時などは『コノコはまだ3年しか生きていないのよ、あなたは何年この世に生きているの?同じにしちゃあダメよ』なんて言われ、ハッとしたことがあります。今でもこの言葉は大切に守っています。ウチの子育ては、下の子の面倒は上の子が見ました。学校へ行っても、授業参観の時などお友達や先生も下の子を空いている席に座らせたりしてくれて助かりました。
子育てにしろ何にしろ、情報は自分なりに噛み砕いて、必要なものだけを役に立ててください。
Commented by monsteracafe at 2010-09-25 11:20
>キトリコさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
育児の先輩WMさんにもブログを見てもらっているなんて、恐縮です(>_<)
下の子がポンすけくらいになっても、やっぱり日々同じようなことを感じてらっしゃるんですね。

ポンすけも長く“一人っ子状態”だったので、いくら保育園や育児サークルなどで上や下の子どもたちと接しているとはいえ、パパとママを別の子と共有するのは初めてなので、色々複雑なんだろうなぁと、彼女を見ていて思います。
本当に、下の子の成長も楽しみですが、ポンすけの心の成長が今からとても楽しみです。

キトリコさんもおっしゃっていますが、他の先輩ママからも、育児の楽しさは2倍以上、大変さは2倍にまではならないとよく聞きます。
早く子ども達2人の親であることに慣れ、頑張って育児を楽しみながらやっていきたいです。
Commented by monsteracafe at 2010-09-25 11:25
>sobachanさん
コメントありがとうございます。
来月、1ヶ月健診の後からは、赤ちゃんも一緒にお風呂に入ることになると思います。
まさに、私一人の時は、sobachanさんが書かれているような状態になるでしょう・・・。

入浴、食事、睡眠、様々な日常のことが、子どもが増えるたびに削られていき、だんだんその短い時間の中でなんとかこなせるようになっていくんですよね。
母からも、「今は一番大変な時だけど、過ぎてみれば、子どもたちに頼られていて、人生の華だったと思えるようになるわよ」と言われました。

幸い、うちのポンすけも「お姉ちゃん」を張り切ってやろうとしてくれているので、一緒に赤ちゃんのお世話も手伝ってもらおうと思います(^^)
Commented by りおママ at 2010-09-26 23:19 x
ご出産おめでとうございます。たいちゃん、とってもかわいいですね!!二人目のご苦労のお話もとっても参考になります。産後でまだ体調万全じゃないなか、ちゃんとポンすけちゃんの気持ちを思いやれていて、さすがだなって思いました。

涼しくなってきたらそろそろ二人目を考えようと思っていたところ、今月になって娘が歩くようになって自己主張が激しくなり、毎日ヘトヘトなんです。保育園まで徒歩1分の距離なのに、30分かかったり(汗)。何歳差がいいのかしら~って考えているところです。
2歳差が希望でしたが、オムツマン二人かかえるのも大変だし。3歳上になる私の姉は「ずっと我慢ばっかりだった」って言うし。4歳差がベストかなあと思いつつ、自分の年齢を考えるとそうは言ってられないし・・・と迷っているところです。
Commented by monsteracafe at 2010-09-27 08:31
>りおママさん
ありがとうございます。
生まれてから20日、おかげさまでたいちゃんも毎日スクスクと大きくなっているようです。(心なしか少し重たくなってきました。)

産後1ヶ月も経たないので、物理的にできないことは多いのですが、ポンすけと話すことはできるので、たいちゃんに授乳しながらでも、一緒に遊んだり、話したりするように心がけています。
(また、最近のポンすけは日々の成長が著しく、見ていて楽しいのです。)

りおママさんのお嬢さんのお話、懐かしいです。
ポンすけが歩き始めた頃(・・・っていうか、いまも時々!?)、私も保育園から自宅への帰り道、徒歩15分くらいのところを30分以上かけて歩いて帰ったりしました。
朝は時間がないので、夫が無理やり抱えて保育園に飛び込んでいるようです。

きょうだいは欲しいけれど、何歳差がいいのか?悩むところですね。
私は自分自身が2学年違いの弟がいたこともあり、2学年違いの姉・弟を希望していました。
私はいわゆる長女タイプの性格だと思いますが、あまり「我慢ばかりしていた」とは思いませんでした。
Commented by monsteracafe at 2010-09-27 08:35
>りおママさん(続き)
3学年差は、学校行事や受験、入学料など色々と重なることが多いので経済的・スケジュール的に大変だと、親戚から聞いたことがあります。

私が子どもの頃は、年子や2学年差が多かった気がしますが(私の友人と弟の友人が同級生、というパターンが多かった。)、最近私の身の回りでは、4学年差、5学年差というおうちも案外多いようです。

2学年差で欲しいと思っていても、なかなか授からなかったり、私のように流産してしまうこともあるので、もし希望されているのなら、早めにチャレンジしたほうがいいかもしれませんね。

私もポンすけと3年8ヶ月あいて出産したので、前回よりは年を重ねましたが、初産なわけではないので、自分の年齢はあまり気にしなくてもいいんじゃないかとお気楽に思ったりします。

まだ2人目育児は始まったばかりですが、いろいろなことを学んで理解している様子のポンすけを見ていると、4学年差も良かったかな、と思います。
なんといっても、赤ちゃんは天からの授かりもの、最終的には神様がお決めになることですものね(^^)
<< 夏の終わりの花火 ポンすけの数字 >>