「ほっ」と。キャンペーン

「ダメ!」と言わずに・・・

昨日、自宅に家事などの手伝いに来てくれた母から聞いたお話です。

知的障害を持つお子さんのお母さんは、子どもがいくつになっても、やってはいけないことを注意する時には、「~したらダメ!」ではなくて、「~しない」と伝えるのだそうです。

「ダメ!」と言われてしまうと、否定されたことばかりが強く印象に残るため、「なぜしてはいけないのか?」を考えることができなくなるのだそうです。

「~しない~♪」と、やさしく伝えることで、“これはやっちゃいけないんだな。”と子どもが認識できるのだそう。

母はそこで思い出したそうです。
「ポンすけちゃんも、よく『ご飯の時にはテレビを見ない~』とか、『ご飯ばっかり食べない~』って言わない?
多分、保育園でも同じように心がけて子ども達に話してるんじゃないかと思って。」
私も、彼女の言い方に、思い当たることがたくさんありました。

緊急時や危険なときには「ダメ!!」と言わざるを得ないシーンもありますが、私も今後はできるだけ、「~しない~♪」と伝えるようにしようと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2010-09-30 14:58 | 家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14116466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sawamaman at 2010-09-30 23:20 x
~しない、大事ですよね。
ついつい、ダメダメと連発している2歳児のママの私・・・反省です。
叱る、怒ると、伝える、教えるは根本的に違いますもんね。
~しない、私も明日から実行していこう~(ダメダメいわないように(笑))
Commented by monsteracafe at 2010-10-01 10:31
>sawamamanさん
私も、何度子どもに言い聞かせても伝わらない時など、「もういい加減にしなさい!」とか「ダメったらダメ!!」と、つい言ってしまいます。

でも、普段から少しだけ「できるだけこういう言い方をするようにしよう」と心に留めておくと、少しは違った対応ができるかな?と思います。

言葉って難しいけど、大切ですよね。
<< じゃがいものスープ たいちゃんの生活リズム >>