酒の肴に、かまぼこ。

今回、「キャリアマム」のモニターに参加して、鈴廣かまぼこ「謹上蒲鉾紅白二本包」と「お酒と楽しむ板わさレシピブック」(小冊子) をいただきました。
b0075888_12351868.jpg
かまぼこ2本は贈答用の上質なもの。
レシピブックには、ソムリエの田崎真也さんが監修され、ビール、日本酒、ワイン、シャンパン、ウイスキーなど、色々なお酒と楽しめる和・洋・エスニック風のかまぼこを使ったおつまみレシピが載っています。
b0075888_13311498.jpg
かまぼこを見ていたら、いろいろな酒の肴のイメージが浮かんできて・・・

オリジナルのおつまみ2品を作ってみました。
b0075888_1331244.jpg
かまぼこ(白)は角切りに、アボガド、サーモン(刺身用)も同じくらいの大きさに切ります。
(アボガドの種も一緒に入れて混ぜると、アボガドが変色しにくいようです。)
レモン汁少々とわさび醤油で和えて、出来あがり。
b0075888_13313358.jpg
もう1つは、かまぼこ(白)とホタテ(刺身用)、オリーブオイル、塩、ハーブなどのスパイスを混ぜたカルパッチョ風。

授乳中の私は飲めませんが、雄サンはビールと一緒に。(日本酒や白ワインにも合いそうな気がします。)
美味しくいただきました。

わさび醤油をつけて食べるだけでなく、かまぼこの新たな一面を発見した感じ。
いただいたレシピブックにも、かまぼこ+ブルーチーズ・はちみつ、かまぼこ+カリカリベーコン・ピクルス、かまぼこ+」サーモン・刻み玉ねぎ・ケッパーと、いった斬新な素材の組み合わせが紹介されていました。

残ったかまぼこは、そのまま翌日のご飯のおかずに。そのまま食べても、とても美味しかったです。

 *****

鈴廣かまぼこさんでは、今、企画にあわせた投稿をすると、当選者には3,000円の商品券プレゼントなどの鈴廣かまぼこ「秋、板わさ」キャンペーンを実施しています。

[PR]
by monsteracafe | 2010-11-10 23:44 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14386338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夜間の授乳にも便利な読書灯 みそ坦坦鍋 >>