「ほっ」と。キャンペーン

たいちゃん、初めての注射

もうすぐ3ヶ月になるたいちゃんですが、今日、生まれて初めての注射をしました。
前もってかかりつけ医で予約しておいた、ヒブワクチンの接種(1回目/全4回)です。

このヒブワクチン接種、ポンすけが赤ちゃんだった頃にはあまり話題にはなっていませんでした。
中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎などの表在性感染症のほか、髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な全身感染症を引き起こす乳幼児の重篤な病気を予防するため、日本でも平成20年12月にインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンが接種できるようになったそうです。
Hibへの抵抗力は3歳以降急速に上昇するらしく、かかりつけ医の先生に相談したところ、もうすぐ4歳になるポンすけには必要ないのではないかとのことでした。

看護婦をしているママ友達にも聞いてみましたが、髄膜炎で入院した子どもたちを大勢見ているので、任意接種をオススメすると言っていました。
生後2~3ヶ月から接種できるので、我が家でもたいちゃんは接種を受けることにしました。

ちなみに、神戸市では、今年(平成22年)4月1日から、ワクチン接種の助成制度が始まりました。
任意接種なので、母子手帳にはついておらず、現在は、神戸市のHPでダウンロード、またはリーフレットについている申請書に必要事項を記入して郵送すると、助成券が送られてくる仕組みになっています。
(事後の還付請求により、払い戻しによる一部助成もできます。)

 *****

助成の手続きをしたのが、たいちゃんが2ヶ月になってからだったので、出遅れてしまいました。接種を希望される方は、赤ちゃんが生まれたらすぐに手続きをしておくのをオススメします。

ご機嫌だったたいちゃんは、注射の前の診断で、のどを器具で覗かれたところで泣いてしまいましたが、私に抱っこされ、看護婦さんに体を動かないよう押さえつけられている間に、あっという間に注射が終わりました。
ビックリしたのか、しばらく泣いていましたが、抱っこして授乳したらすっかり忘れてしまったようです。

保育園の帰りに付き添ってきたポンすけは、「たいちゃん、泣かなくていいよ~、大丈夫だよ~」と、そばでずっとたいちゃんに話しかけていました。
先日、自分もインフルエンザの予防接種で大泣きしたばかりですが・・・)
[PR]
by monsteracafe | 2010-11-30 23:05 | Health | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14506950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オーガニックコットンのよだれかけ marimekkoのワンピース >>