「ほっ」と。キャンペーン

ポンすけのクリームシチュー

午前中に買い物に出かけたら、お店で「きのこたっぷりのクリームシチュー」の試食販売をしていました。

ポンすけもいただいて、ペロリと食べ、私たちも美味しくいただけたので、材料と作り方を聞いて、夕飯に作ってみることにしました。

最近、お手伝いやお料理が大好きなポンすけが台所にやってきて、ほとんど1人で作ってくれました。
b0075888_2116679.jpg
(ポーズは最近保育園で覚えてきた、楽しんごの「ドドスコスコスコ、ラブ注入♪」かと思われます・・・)

ほとんど包丁を使わない、超簡単なクリームシチューの作り方は以下のとおり。

1. きのこ(しいたけ、エリンギ、しめじなど)は、根元を切り落とし、軸の部分から手で細かく裂きます。(もちろん、包丁でスライスしても可。)
2. ソーセージ数本を食べやすい大きさに切ります。
3. お鍋に油(我が家ではグレープシードオイルを使用)少々とバター1かけ(10gほど)を入れて熱し、冷凍のみじん切り野菜(今回は、たまねぎ、にんじん、コーンの3種類を使用)を入れて炒め、溶けたらきのこを加えてさらに炒めます。
4. クリームコーン1缶、牛乳を材料が浸るくらいまで入れて温める。
5. 沸騰しそうになったら火を弱め、市販のクリームシチューの素(顆粒状が便利)、塩で味をととのえてできあがり。

今回はできるだけ彼女に任せ、味見も私はせず、2回ほど、ポンすけにやって調整してもらいました。
「パパ~、もうすぐできるからね~♪」と、すっかりシェフ気取りのポンすけでしたが、なかなかのお味に出来上がり、器によそうところ(さらにはおかわりをよそうところ)まで、やってくれました。

 *****

今朝は、ポンすけ、うっかり2度ほど私に痛い思いをさせてしまい、悪気はないにしても、全然謝ろうとしないので、諭して叱り、最後には
「今日はもうどこにも連れていかない!」
と、ケンカ状態になってしまったのですが、お昼頃には同じような状況で小さな声でしたが素直に
「ママ、手が当たっちゃってごめんね。」
と言えることができ、思わず
「そう!よく言えたね!!」と、抱きしめてしまいました。

今読んでいる本(「子どもがもっとかわいいと思える心のゆとりがもてる本」)にも、叱るばかりでなく、“子どもを頼るような状況を作ってみる”など、違うアプローチを試すのも手、といったことが書いてあり、イキイキと料理に取り組む姿をみて、なるほどと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-01-15 21:28 | きょうの料理 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14754255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by benibeni at 2011-01-16 10:37 x
hiroさん、こんにちは。
以前たいちゃんご誕生の時に一度お邪魔した者です。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
たいちゃん可愛いですね~♪ポンすけちゃんも本当に良いおねえちゃんですね。仲良し姉妹羨ましいです。

『悪気はないにしても、全然謝ろうとしないので』
うちの子もまさにそうです。
謝らないといけない事は分かっているのに謝らず、諭して叱ってケンカになる、しばらくして謝る… 我が家でも最近よくある光景です^^;
ポンすけちゃんはすごく聞き分けのいい子だと思っていたのと、hiroさんは子どもに怒ってケンカになったりしないと思っていたので、こういう同じところがあるのが分かって、ちょっと安心したというか、嬉しくなりました^^

うちの娘は明後日18日に4才になります。
ずいぶんしっかりしてきたなーと思う反面、まだまだ子どもだなーと思うこともあるのですが、元気でここまで大きくなった事を感謝して、hiroさんのように生まれた日のことをはなしてあげるつもりです。

ポンすけちゃん一人でお料理出来るんですね!すごい!
うちの子にももっと色々な事をせてみなくては。。。
Commented by monsteracafe at 2011-01-17 05:44
>benibeniさん
おはようございます。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます(^^)

3歳を過ぎてから位だったと思いますが、何か悪いことをしてしまった時に、すぐに謝れないことが多くなりました。
親だけでなく、お友達などに謝れないのは困るなぁと、雄サンとも色々話しているのですが、どうやら本人は“しまった”と感じているものの、悪気はなかったとか、別の思いがあったとか、何か理由があって謝れなかったり、謝るタイミングを逸してしまって自分でもどうしたらいいのかわからないことが多いようです。

雄サンいわく、「わんこと同じ(笑)だから、頭よりも体で覚えるように、何度も何度も繰り返して教えていくしかない」そうで、その都度、どちらかから教え諭し、時には片方が一緒に謝る手助けをしたりしています。

この日のことで、“やっぱり分かってはいたんだ!”と安心しました。
女の子は口が達者ですし、特にポンすけは月齢よりもおませさんなので、私とはしょっちゅうケンカしてますよ(笑)
Commented by monsteracafe at 2011-01-17 05:48
>benibeniさん(続き)
お嬢さんももうすぐ4歳のお誕生日なんですね!
おめでとうございます。

女の子は将来自分も子どもを産む可能性も高いですし、小さな頃から生まれた時のことをたくさん話してあげるのはいいことじゃないかと思います。

お料理は、忙しい時にお手伝いしたがって困ることもありますが、出来るだけ本人がやる気がある時はやらせるようにしています。
最近は、小さな頃から時々やっていた床拭きなどのお掃除のほか、洗濯もの干しやお畳み、お裁縫のお手伝い(糸をはさみで切る)などもやっています。

子どもと一緒に楽しむ、オススメのお料理の本がいくつかあるので、近いうちにご紹介しますね☆
<< ポンすけ、「キッザニア」でおし... スイミング >>