「ほっ」と。キャンペーン

ポンすけ、お友達と遊ぶ

近くに住んでいる保育園のお友達Mちゃんのおうちに、お味噌を持っていったところ、どちらも午後の予定がなく、二人とも「一緒に遊びたい!」と言うので、お昼ご飯を食べてから、お邪魔することにしました。
b0075888_10261215.jpg
少し前からお友達がハマっているという、ボーネルンドのアイロンビーズを貸してもらい、一緒に作品づくり。
二人とも集中して取り組んでいました。
b0075888_961159.jpg
私も1つ、作らせてもらいました。大人がやっても楽しめました。
b0075888_10264332.jpg
おやつもいただきました。
Mちゃんママが、ついうっかりいつも使っているキティちゃんのお皿をMちゃんに、お客様用のお皿をポンすけに出したところ、ポンすけが「○○ちゃんもキティちゃんのお皿がいい!」と言い、つられてMちゃんも「やだ!キティちゃんは私のなの!」と言い張ってしまい、ケンカになってしまいました・・・(苦笑)

どちらも仲直りしようとしないので、親二人が間に入り、気分を変えて手を洗いに行ったりしている間に、二人とも同じお皿に移し変えて、ようやく二人ともにこにこしておやつを食べることができました。
私も以前お友達とポンすけが一緒にご飯を食べる時、できるだけ同じお皿に同じように盛り付けるようにしましたが(さすがに子供用の同じお箸は2膳なかったので、お話して、同じ柄の長さ違いを使ってもらいました。)、小さい子どもはこういう小さなことでもケンカになってしまうんだなぁと改めてビックリしました。
b0075888_10273972.jpg
おままごとの後、楽器遊びもしました。
1曲演奏?したところで、これまたケンカ勃発。今度は、ポンすけがMちゃんに「こうやって演奏して」と言ったところ、Mちゃんは自分のやりたいようにやりたいと言って嫌がり、続いて二人ともピアノが弾きたくなってしまっって互いに譲らず、最後はMちゃんが「もう来んといて!」と言ったのでポンすけが泣いてしまったりして、二人ともお昼寝をしていないので眠いせいもあり、収拾がつかなくなってしまいました。

ちょうど16時になっていたので、「そろそろ帰ろうか?」と誘うと、二人とも「それはやだ」。
「じゃあ、仲直りして一緒に遊ぶ?」と聞くと、お互いに「○○ちゃんが先に謝って」。
最終的には、私たちがコートを着て荷物を持ち、帰る準備をしていた時に、ポンすけの鞄の中身が気になって近づいてきたMちゃんにポンすけが鞄からお揃いのお菓子を取り出してMちゃんに分けてあげたことで、仲直りができました。

最後はニコニコで「また明日(保育園で)遊ぼうね~!」と分かれた二人。
仲がいいほどケンカする、と言いますが、子どもたちの世界を垣間見た休日でした。
[PR]
by monsteracafe | 2011-01-30 23:15 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14836343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アイロンビーズ 自家製のお味噌 >>