「100マス計算」への道

先日ご紹介した「ヨコミネ式」で、子どもたち自身が「自学自習」に取り組めるよう、日々の習慣づけにしているという、読み・書き・計算(各20分ずつ)。

我が家も少し取り入れてみようと、まずは1日20分、どれか1つを私とポンすけが遊び感覚で一緒にやってみることにしました。
(もちろん、最初なので、体調が悪い時や、眠そうでやる気がなさそうな時には無理にさせません。)

ヨコミネさんの計算のオススメは「100マス計算」。
特に、陰山英男先生のものがいいそうです。
書店に行ってみると、幼児用ドリルのコーナーにたくさんの種類があって、驚きました。

いきなり100マス計算をするのは難しそうに感じたので、まずは「100マス学力研プリント (小学1年生) (季刊子どもと学力別巻)」を買い、最初のページから、一緒にやってみることにしました。
b0075888_23262488.jpg
ポンすけが初めて見る、足し算の式。
読み方を教え、実際に手を広げて、数えながらゆっくり進めていきました。
慣れてくると、自分の手を使って数えながら答えを書いていました。

ポンすけは、「そら組(年長)さんのドリル」と言って、“できた!”ことを喜んでいました。
小学校入学まであと2年少し。
これから少しずつ一緒に取り組み、小学校に入った頃には、自分で楽しんでできるようになっていればいいなぁとぼんやり思っています。
[PR]
by monsteracafe | 2011-03-05 23:26 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/14984491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 読み書きの練習 ポンすけ、お別れ遠足へ行く >>