「ほっ」と。キャンペーン

読み書きの練習

「ヨコミネ式」教育法、我が家の実践編の続きです。

ヨコミネさんは、「子どもに読み書きを教える時、子どもにとって難しいひらがなの“あ”から始める必要はない。いきなりハードルを高くするのがよくない」と、ひらがなのほか、カタカナや簡単な漢字の一部も加えた、独自の並べ方で子どもたちに字を教えているのだそうです。

ポンすけは既にある程度字が書けますが、いくつか苦手な字があるようです。
早速実践、と、これまた買ってきた「ジャポニカ学習帳 こくご<8マス> JL-8-1」に、私が字を書いていると、ポンすけがやってきて、覗き込み、「こんなん、○○ちゃんも書けるで!」と言うので、「じゃあ、書いてみる?」と言うと、真剣な表情で私が書いた字を真似て書き始めました。
b0075888_23434517.jpg
私が8文字書くと、ポンすけが続いて8文字書く。書いている間は声をかけずに見守り、書けたと自己申告を受けたらチェックして、また次の8文字を書く・・・という感じで進めました。
b0075888_23435460.jpg
ヨコミネ式の並び方で、漢字の一部&カタカナ、ひらがな・・・、と4ページも書き、まだやりたがるのでついでにアルファベットも書きました。
b0075888_2344315.jpg
まだやりたそうでしたが、楽しいうちにサッとやめておきました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-03-05 23:46 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/15011527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< たいちゃん、満6ヶ月になりました。 「100マス計算」への道 >>