突然の腹痛。

昨夜は雄サンは仕事帰りに飲み会。

私はいつもよりも早めにポンすけを保育園にお迎えに行き、いつもより早めの夕飯を3人で食べました。
(ポンすけが、たいちゃんに離乳食を食べさせたりして、お手伝いしてくれました。)

食後、なんだか、お腹が痛くなってきました。
ポンすけは元気そうなので、私だけのようでした。

3人でお風呂に入った後、痛みはピークに達しました。
痛みの箇所や種類は違うものの、半年前の陣痛よりももっと痛いように感じました。食中毒や盲腸などの可能性も疑いました。
私1人だったら、救急車を呼ぶか、タクシーで救急病院に駆け込んだと思います。
逆に、子どもたちが痛がっていたら、救急病院へ連れていったと思います。
でも、病院へ行ったところで、子どもたち(特に赤ちゃんのたいちゃん)の世話は誰がするのだろう、と思い、結局、病院には行きませんでした。

幸い、痛みに波があったので、少しずつ、たいちゃんに服を着せたり、寝る準備をしましたが、痛みはおさまるどころか、ひどくなるばかり。

ポンすけが、「ママ、痛い?死んじゃわないでね」と心配してくれ、私の携帯で雄サンに電話をかけ、
「パパ?今ね、ママがおなか痛いって言ってるの。大変なの。早く帰ってきて!」
と私のかわりに話してくれました。
パパから聞いたらしく「○○のお薬飲んでみたら?」「○○ちゃんがママのお世話してあげるね!」と、甲斐甲斐しく動いてくれ、いつもは甘えるのに、自分で寝巻きに着替えたり、寝る準備をしたりしていました。

雄サンが帰るまで、薬を飲み、布団に横になりました。
愚図るたいちゃんと痛がる私に、ポンすけが絵本を読んでくれ、たいちゃんは少し機嫌がよくなり、助かりました。(本当は、お風呂に入る前にママと一緒に遊んだり、寝る前に絵本を2冊、読んでほしかったポンすけでした。)
お腹の痛みをこらえながら、たいちゃんを授乳したりして、なんとか寝かしつけに成功し、途中でポンすけも眠くなったようで「ママ、もう寝ようか。ママ、さっき、痛くてこどもみたいだったよ。今も痛い?大丈夫?」と、私を心配しながら寝てしまいました。

痛くなってから1時間半ほどして雄サンが帰ってきてくれました。
その時には、子どもたちは2人とも眠っていたようです。私は痛みでボーっとしていましたが、痛みのピークは過ぎて、小康状態という感じでした。

出先から、雄サンが私の両親にも助けに来られないか、電話をかけてくれたようでしたが、夜だったこともあり、痛みをこらえて頑張りました。

結局、痛みの原因は分からずじまいですが(お腹の風邪だったのかもしれません)、こういう時、どうすればよかったのかなぁと今、思います。
[PR]
by monsteracafe | 2011-04-05 09:43 | Health | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/15181757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by frifritom at 2011-04-05 22:09 x
大変でしたね・・
僕も以前、「親(つまり自分)が急病のときどうしたらいいのか」とだいぶ考えましたが、結論が出ませんでした。
Commented by osorae at 2011-04-06 04:34
もう痛みはないのでしょうか?それほどの痛み、原因が分からないとちょっと心配になりますね。。。一度病院にも行った方がいいかもしれませんね。どうぞお大事に。

今回みたいに困ったときには、うちにもいつでも連絡くださいね。ホントに手助けになるかはわかりませんが、ちょっとは何かできるかもしれませんから。
Commented by monsteracafe at 2011-04-06 09:44
>frifritomさん
子どもの体調が急変することはよくありますが、親だって急変することはありえますよね。
他のご家庭では、皆さんどうなさっているのか、教えていただきたかったのですが、やっぱり結論は出ませんよねぇ・・・。
Commented by monsteracafe at 2011-04-06 09:47
>osoraeさん
ご心配いただき、ありがとうございます。

本当に原因不明の激痛で、びっくりしましたし、痛みがおさまった今でも、一抹の不安を感じます。

このとき、同じマンションや近くに住むお友達やご近所さんなどの顔を思い浮かべたのですが、皆さんお子さんがいらっしゃったり、夜だったせいもあって、結局どこにも電話できませんでした。

ポンすけだけなら、一緒にタクシーに乗ったり、救急車に乗り込んだりできると思うのですが、たいちゃんがまだ小さいので、ためらいました。

本当に、なにかいい方法があればいいのですが・・・。
Commented by hika at 2011-04-06 12:26 x
もう大丈夫ですか?それは、災難でしたね。
もし 大変だったら 本当に遠慮なく連絡くださいね。うちも頼れるところがほかにないのでお互い様だと思ってますから。
Commented by monsteracafe at 2011-04-06 14:00
>hikaさん
ありがとうございます。
痛みに苦しみながら、hikaさんのお顔も浮かんだのですが、翌朝のお仕事に差し支えたら申し訳ないと思い、ご連絡するのをやめたのでした。

でも、こういう緊急時には、お互い助け合うのは1つの方法ですよね。
もう無いことを願いますが、今度、いざという時には遠慮なくHELP!させてもらいます。
hikaさんも頼ってくださいね。
Commented by frifritom at 2011-04-07 08:55 x
うちにもダメモトで声かけてください、お互い様ですからね。大変なときは。

やはり隣近所がいちばん頼りになると思いますが、昔と違い、普段の付き合いが深くないのがいざというときやりにくいところですね。子供のころは、家も開けっ放しで近所の家とか勝手に入ってたし、声も筒抜けでどんなテレビ見てるかもわかりましたが、今はそういう状態ではないので・・・


Commented by monsteracafe at 2011-04-07 14:43
>frifritomさん
ありがとうございます。
改めまして、お互いに、緊急時も普段でも、これからもよろしくお願いします。

うちの両隣さんとも交流はあるのですが、どちらも両親世代の方なので、ほんの少しの間でも、赤ちゃんを預けるのはためらってしまいました。

以前、育児休業中に、マンションの火災報知機が突然鳴り出したことがあり、とっさにマンションの廊下に出て、両隣さんと状況を確かめ合ったりしました。
地震や火事、事故など、何が起こるかわかりません。そういうときこそ、ご近所さんですよね。
<< 身の回りにあふれる、プラスチッ... たいちゃんの保育園、初日。 >>