雄サンの「兜」を保育園に寄贈しました

昨年5月に義母が亡くなり、雄サンの実家には義父が1人で暮らしています。
雄サンの実家では、少しずつ、遺品を整理・手放したり、実家に長いこと置いてあったものを処分していっています。

長年実家に眠っていたものの1つが、雄サンが子どもの頃に買ってもらった、五月人形の兜。
我が家は3LDKのマンション住まいで、子ども達も娘が2人。(ちなみに、今後、きょうだいが増える予定はありません。)
兜は置き場所もなく、我が家に飾ることもなさそうなので、保育園で使っていただけないか聞いてみたところ、「ぜひ使わせてください!子どもたちも喜ぶと思います。」とのお答えでした。

保育園では、毎年、おひなさまの時季には、寄贈された立派な段飾りのお雛様が飾られているのですが、「こどもの日」は特に飾っている様子は見かけませんでした。
寄贈をして、少しでも喜んでいただけるなら、良かったなぁと思います。
b0075888_8441650.jpg
5月1日に保育園で行われる「子どもの日のつどい」で、会場に飾り、記念写真を撮ったりするのだそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2011-04-24 23:12 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/15270224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 映画「阪急電車」を観てきました 「とりよし」の焼き鳥 >>