父と娘のお料理教室

先々週のお料理教室初体験に引き続き、ポンすけはお料理教室に参加しました。
今回は、パパと2人、来月の「父の日」に向けて企画された、コープ活動サポートセンター住吉の「パパ、いっしょに作ろうよ 親子キッチン」です。

行く前に、ポンすけは、「パパは焼きそばしか作れないから、大丈夫かなぁ?」と心配そうでした。(本当は、学生時代に1人暮らしをしていた雄サンは、ある程度料理ができるのですが、普段は洗濯や掃除を担当しているので、ポンすけは知りません。)
「じゃあ、○○ちゃんがパパを手伝ってあげればいいんじゃない?」と答えておきました。
ポンすけは張り切って出かけていきました。
b0075888_9107.jpg
雄サンから聞いたところ、最初の50分近くはひたすら講師のデモンストレーションだったそうで・・・(汗)
・・・当然ながら、3歳~5歳の子どもたちは、途中で飽きてしまい、トイレに行ったり、めいめい遊び始めたりして、パパ達は大変だったそうです。

その後、グループに分かれ、あんかけご飯、お魚ボールのスープ、お花のミルクかんの3つを作ったそうです。
ポンすけは、雄サンと一緒にミルクかんとあんかけご飯の具を刻むのを担当したそうです。
b0075888_912277.jpg
グループにそれぞれ先生がついたそうですが、時々片付けや洗い物、講師達の昼食を作るのにいなくなってしまい、普段料理をし慣れていないパパと子ども達はここでも大変だったそう。
「おいしかったけど、すごく疲れた。企画の目的はいいと思うんだけど、もう少し、料理に不慣れな小さな子どもとパパに配慮したプログラムを考えるべき。」との雄サンの弁。
子どもを飽きさせずに楽しく作業に集中させるプログラムや流れの工夫、子ども向け企画の難しいところだと思います。
b0075888_91591.jpg
ポンすけは、あんかけご飯が美味しかったんだそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2011-05-28 22:23 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/15371766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 雨の日の農業体験 新しょうがの甘酢漬け >>