「ほっ」と。キャンペーン

俵万智 「たんぽぽの日々」

以前、俵万智さんの「生まれてバンザイ」をご紹介しましたが、その後読んだ「たんぽぽの日々」もとても良かったので、どちらも買って手元に置いて時々読み返しています。

こちらは、雑誌「エデュー」に連載している、子育て中のシーンを詠んだ短歌と、それにまつわるエッセイをまとめたもの。
「生まれてバンザイ」に比べると、紹介されている短歌の数は少ないのですが、子育てに関するエッセイとしても読めるし、短歌にあわせた市橋織江さんの写真もとても素敵で、短歌に馴染みのない方にも読みやすい1冊だと思います。

ちなみに、この本のタイトルは、この短歌から引用したものです。

たんぽぽの綿毛を吹いて見せてやる
いつかおまえも飛んでゆくから
(「たんぽぽの日々」10ページより)

自分が生んで、今は育てている子どもも、いつかはこの綿毛のように飛んでいく。
そう思いながら、綿毛を吹いて一緒に遊んでいると、子どもと自分の時間が限られたものであることを切実に感じる。
だから、子どもと一緒に過ごす時間は、「たんぽぽの日々」。
綿毛になって飛んでいったら、後はもう、親としては、ただ風に祈るしかない。

・・・そんな気持ちで、私も子どもたちとの限られた豊かな時間を過ごしたいと思い、子育てや日々の暮らしに少し疲れてしまった時に、この本を手にとります。
[PR]
by monsteracafe | 2011-07-05 05:39 | Life style | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/15674681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみママ at 2011-07-16 07:50 x
久々にコメントします♪
たんぽぽの日々、こちらのブログで拝見し読みました♪
日々の暮らしに追われて、イライラしてしまうことも多々ありますが、私も今しかない「たんぽぽの日々」をもっと大事にしなくては・・・と改めて実感しました(*^^*)
素敵な本のご紹介、ありがとうございました♪

Commented by monsteracafe at 2011-07-16 21:31
>みみママさん
こんばんは♪
コメント、ありがとうございます。

「チョコレート革命」や「サラダ記念日」にはピンと来なかった私ですが、「生まれてバンザイ」に掲載されていた短歌にはビビッ!(←古っ!!)ときました。
さらに、「たんぽぽの日々」を読むことで、それらの子育てにまつわる短歌がどのような状況や気持ちで詠まれたものなのかも理解でき、同じ母親として感動したり、共感したり、考えさせられたりしました。
私の育児系バイブルの1つになった本ですが、みみママさんにも気に入っていただけて、良かったです。紹介した甲斐がありました☆
<< たいちゃん、満10ヶ月になりました 「麻辣苑」の麻婆豆腐 >>