「布ナプ女子会」に行ってきました☆

ネットサーフィンをしていて、偶然見つけた、「布ナプ女子会」。
以前から時々ご紹介しているように、我が家では、赤ちゃんには布オムツと紙おむつ、私は布ナプキン(エコナプキン)と市販のケミカルナプキンを併用しています。

周囲であまり布ナプキンを使っている人がいないので、他の方がどのように使ってらっしゃるか、もっと上手な使い方や工夫があれば知りたいと思い、年中のポンすけと一緒に参加してきました。

会場は地下鉄谷町線の「南森町」駅。
b0075888_10145857.jpg
駅から会場までは、商店街を通るので、楽しく歩けました。
自宅からは1時間ほどでしたが、最近よく私と電車でおでかけしているポンすけは、難なく会場まで一緒に歩いてくれました。
だんだん、彼女と2人で出かけるのは楽に、かつ楽しくなってきました。

 *****

お店(「地球洗い隊」)のスタッフの方と、我が家のようにお子さん連れの方など、10数人でテーブルを囲み、和やかな雰囲気で2時間ほど、おしゃべりしてきました。
ポンすけは、持参したパンを食べたり、お絵かきをしたり、時々「次はママが喋る番だね」と話したり、途中でトイレに行ったりしながら、最後はケーキと温かい紅茶をいただき、
b0075888_10142574.jpg
スタッフの方に遊んでもらったりして、ご機嫌で過ごしていました。

参加者は私をはじめ、布ナプキンを普段使っている人が多かったので、皆さんの使い方や工夫をお聞きすることができ、いくつかはとても参考になりました。

・(お洗濯は、私は重曹を溶かした水を入れたバケツで漬け置き→洗濯機でしたが)こちらのお店で販売している、微生物と米ぬかを主原料にしたバイオ洗剤(厳密に言えば「洗剤」ではない)「とれる№1」を使えば、ほぼ綺麗に汚れが分解される。
・外出先では、使った後に、「とれる№1」の液体を携帯用のスプレーボトルに入れておき、シュシュっと吹きかけておけば、汚れが落ちやすい。
・(家族に男性が多いなど、)バケツが目立つようであれば、蓋つきの四角いプラスチック容器(100円ショップで売っているようなもの)で漬け置きをして、外箱に入れて目隠しをする方法もある。
・自分の娘にも、母として、同じ女性として、ケミカルナプキンの他に、“布ナプキンという選択肢もある”ということを伝えられる。

重曹よりも、より汚れを分解できる点が気に入ったので、「とれる№1おためしセット」と、アウトレットの可愛い柄の布ナプキン1枚を購入して帰りました。
(インターネット通販でも購入できますが、店舗で買うほうが若干求めやすい価格で、送料もかからないのでお得です。)
b0075888_15114181.jpg
我が家には2人娘がいるので、これから先に母として、同じ女性として、上手に伝えられるようになっていたいと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-06-04 22:52 | Life style | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/15682133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 南森町「ニッシンベーカリ-」 東灘区にも病児・病後児保育室が... >>