「ホットコット」であったか生活

去年は「無印良品」のあったかインナーをよく着ていました。
色・柄違いで何枚か買って、着まわしていました。

今年、私が注目していたのは、今小西真奈美さんのTVCMでも話題になっている、ベルメゾンからこの秋発売された、「Hotcott(ホットコット)」。
b0075888_14515340.jpg
発熱ウェアといえば化学繊維のものが主流ですが、この商品は綿混。
それでいて、綿混のやわらかな風合いと、吸湿発熱機能によるあたたかな着心地を実現。
余分な湿気はウェアの外に逃がしてくれるから蒸れにくく、肌触りはいつもサラサラ。(冬場でも、室内の暖房や通勤などで歩いたりすると汗をかいてムレたりしますよね。)

からだの動きになじむ薄手のストレッチ素材ですが、アウターとしても着られるデザイン。
b0075888_1464873.jpg
特に、こちらの「タートルネック長袖インナー」は、腰まで隠れる長さで、しゃがんでも背中が見えません。
首まわりはもちろん、袖も長めで、暖かく過ごせそうです。

丸襟の「長袖インナー」は、首周りが広めなので、アウターにもひびきにくい形。
そして、袖はさらに長くて、実は、ひそかに親指を入れる穴が開けられていて、寒い日は手袋がわりにもなってくれそうです。

他にも、冷え防止にもなる「腰巻つきショーツ」、八分丈レギンス、男性用、妊婦さん用、キッズ用など、種類も色・デザインも豊富に揃っています。

嬉しいのが、お値段。
女性用は1枚990円ですが、まとめて買うと、お買い得に。
3枚以上なら1枚あたり890円、5枚以上で840円、10枚以上で790円になります。
本格的な冬を迎える前に、色・柄・デザイン違いでまとめ買いするのがオススメです。

ベルメゾンネット
[PR]
by monsteracafe | 2011-10-15 06:50 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/16431760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「緑のカーテン」のその後。 洗い流し不要のジェルパック >>