「ランドセルの正しい選び方講座」

毎年この時期によく見かける、ランドセルのCM。
先日、たまたま「神戸大丸」のランドセル売り場に行ったのですが、ほとんどの商品が売り切れや「現品のみ」になっていて、この時期にランドセルを探したのでは遅いんだなぁと、認識を新たにしたところです。

そんなタイミングで、芦屋で開催されていた、「ランドセルの正しい選び方講座」にポンすけと2人で参加してきました。
b0075888_11171461.jpg
小学3年生の娘さんがいらっしゃる講師(株式会社マーレ代表 永里真由美さん)から、ランドセル選びのポイントをいくつか教わりました。

最近、TVCMでも、「A4サイズが入るようになった!」とさかんに宣伝されているランドセルですが、箱の部分や色・デザインなどよりも、一番親として重視してあげたいのが、子どもにとっての背負いやすさ、軽く感じるか、といった機能面。
ランドセルは年々進化していて、私達が子どもの頃よりも良くなってきていますが、背負い部分の機能やフィッテングの工夫によって、ランドセルを背負う子どもの負担が軽減できるそうです。
つまり、背面に注目して選んであげるのが大切だと知りました。

また、ランドセルの主な機能や部位を知ることで、展示品やカタログを見ながら、特徴や価格、ブランドや販売されている場所の違いなども、なんとなく分かるようになりました。

実際に、有名な「天使のはね」や「フィットちゃん」のほか、登山リュックのメーカーが2年がかりで開発したという「ハネッセル」のランドセルに2kgの本を入れて、最初にママが、後で子どもが背負ってみました。
b0075888_11172861.jpg
参加した子ども達は、どうしても色や細かい意匠などのデザインに目が入っていたようでしたが、自分でも背負ってみることで、きちんとフィットしたランドセルは軽く感じるのだと実感できました。
b0075888_11173955.jpg
子どもの背面長(第七頚椎~腰椎までの部分)に合った大きさ、子どもの体型(なで肩、がっしり体型など)にあわせた選び方を親が考えてあげないといけないことがよく分かりました。

私は特に、今回知った「ハネッセル」がいいなぁと思いました。
ランドセルを購入する時には、しっかりフィッティングをして、店員さんや専門家のアドバイスも受けながら、選びたいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2011-10-30 23:01 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/16494454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 読書記録をつける ハロウィンイベントに参加してきました >>