「ほっ」と。キャンペーン

子どもの成長痛

ポンすけがここ数週間ほど、保育園で過ごしている昼間や、お迎えに行ったときの夕方、寝る前などに、不定期で「足が痛い」と訴えていました。

骨折はもちろん、特にねんざなどをしたような様子もなかったので、遊び過ぎたり歩き過ぎて疲れたのかと思って最初はあまり気にしていませんでしたが、あまり頻繁に続いたので、不審に思い、先週の土曜日の朝、我が家かかりつけの接骨院の先生に診てもらいました。

先生は久しぶりにポンすけを見るなり、「うわぁ、大きくなったなぁ」と言い、足などを見ながら、「左右の足の長さが違っていて、バランスが悪くなっている」、「急激に背が伸びて、(先に伸びる)骨の成長と(後からついていく)筋肉の成長のスピードが合っておらず、痛みが膝・足の付け根などに出てくる」とのことでした。

ポンすけは今年の4月ごろから半年間で5cm以上背が伸びたので、雄サンと私も、「もしかしたら、急に背が伸びだしたから、中高生の「成長痛」みたいな感じなのかも」と話していましたが、まさにその通りだったようです。

先生の息子さん(ポンすけと同級生)も時々同じような痛みを訴えるそうで、比較的ぽっちゃり体型の子どもが急に背が伸びる時に多い症状なのだそうです。

大人と違って、一時的にバランスが悪くなっているだけなので、先生に直してもらい、少し足の付け根をマッサージしてもらうと、ポンすけは「体がらくになった!足(太もも)が細くなったみたい!」と、喜んでいました。

今後、もうしばらく(1~2週間)様子を見て、もう一度診てもらうことにしました。
[PR]
by monsteracafe | 2011-10-31 05:55 | Health | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/16584842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by benibeni at 2011-10-31 13:04 x
hiroさん、こんにちは♪

あまりに我が家とタイムリーな記事だったので即コメントです(笑)

昨日、うちの娘も夜中に「足が痛い~」と2時間おきに起きては寝ぼけつつ半ベソでした。
ずっとふくらはぎをさすったり、足の裏をマッサージしたりしてみて、やっと朝方から落ち着いて寝てくれました。
おかげで私も少し寝不足です。。。

いままでも時々こういったことはあったのですが、昨夜はあまりに痛がるので心配していたところ、hiroさんのお話を読んで少し安心しました。
今後も続くようであれば、整体か接骨院に連れて行ってみます。

私も子どもの頃、足が痛いと言って親を困らせていたので、母親や叔母からは「親子だね~」と笑われいます。変なトコが似てしまったようです…
(私は足が『だるい』と言っていたのですが、これは方言なのでしょうか?)
『痛い』という感覚とは少し違うので、最近の娘の症状とは違うのかもしれませんが…

Commented by monsteracafe at 2011-10-31 14:06
>benibeniさん
こんにちは☆
娘さんも似たような症状を訴えてらしたんですね。
夜間のマッサージ、大変でしたね・・・(>_<)

私自身、大学生の頃から、長時間立ち仕事をした日などに、足の膝の裏側がだるくて寝られないくらい痛くなることがあり、今でも時々疲れがそこに出たりします。
時間があれば夫にマッサージしてもらうと症状が緩和され、ぐっと楽になります。
娘が「痛い」というのも、これに似た感じかな、と思っていました。

インターネットで「成長痛 こども」で調べたら、心理的なもの、という考え方もあるようですが、原因はよく分かっていないようです。

でも、我が家は接骨院や整体でみてもらって症状がよくなったと感じたので、benibeniさんのお子さんも症状が続くようであれば、ご検討されてもいいと思います。
(自分や家族に合った、接骨院を探す必要がありますが・・・)
<< 優しいところがある、ポンすけ 読書記録をつける >>