「ほっ」と。キャンペーン

パパ、不在。

雄サンは、先週あたりから仕事が忙しくなり、今週は職場に泊り込んで仕事をしています。

一日で一番忙しい時間帯(保育園から帰宅した子ども達に夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、寝る準備をして、それぞれを寝かしつける21時・22時頃まで)にできるだけ合流できるよう、自宅に持ち帰ることができる仕事は子ども達が寝た夜間や早朝に自宅でこなしていましたが、追いつかず、日曜日の夕食後から職場に出かけ、(一度着替えに戻りましたが)ここ3日ほど、私が1人で子ども達のお世話をしています。

ご主人が単身赴任の方や、毎晩帰宅が遅い家庭では毎日がこのような感じなのだと思いますが、急にこのような状態になってしまい、一番困惑していたのが、現在4歳10ヶ月のポンすけ。
赤ちゃんの頃に育児休業していたパパに育てられたせいか、パパが大好きなので、パパが仕事に行ってしまった初日の夜は、さめざめと泣きながら、私の腕にしがみついたまま、30分ほど泣いてから、寝てしまいました。
たいちゃんの方は、今のところママがいれば大丈夫なようで、いつも通り?に過ごしているようです。

私も夜間にも明け方にも帰ってこない雄サンのことが心配で、自宅で3人で過ごすのがちょっぴり不安で。
戸締りはいつもよりも厳重にしています。

今朝は、「パパ、どこ?」と聞いてきたポンすけには、「ポンすけが寝ている間に帰ってきたんだけど、お仕事が忙しいから、また朝早く会社に出かけちゃったよ。でも、ポンすけの横で寝ていたよ」「昨日、ポンすけが頑張ったお話、パパに伝えておいたからね」と話しておきました。

出かける前にパパから「ママが大変だから、ママのお手伝いをしてあげてね」と言われたポンすけ、けなげにも、妹のお世話などを手伝ってくれたり、私がたいちゃんを寝かしつけている間、一人でリビングで大好きなAKB48のライブ録画を見ながら待っていてくれたり、頑張ってくれています。

一度、帰宅した時に、たいちゃんの靴を脱がせるのをポンすけにお願いしたところ、自分が先に座り、お膝の上にたいちゃんを座らせて、丁寧に1足ずつ靴を脱がせていたのには驚きました。

毎回ではありませんが、“小さなママ”にもおおいに助けられている私です。
[PR]
by monsteracafe | 2011-11-16 12:40 | 家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/16912601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sobachan at 2011-11-16 13:48 x
夜一人だと心細いですよね。遠い昔のことですけれど想い出しました。出張が多かったのでほとんど母子家庭状態でした。ウチは上が男の子ですが3歳くらいでも、戸締まりをチェックしたりと頼りになりました。まかせなさ〜い、といった感じで。ま、頼っちゃいましょ。話し相手にもなるし、大人扱いすると喜んでいろいろしてくれます。
Commented by monsteracafe at 2011-11-16 15:49
>sobachanさん
いつも温かい励ましのコメントやアドバイス、ありがとうございます。

思いがけず、母子家庭状態になってしまいました。
ついこの間まで小さかった長女が、なんだか頼りがいのあるお姉ちゃんに変わってきました。
(日によって、甘えたり、強がったり、反抗的だったりと色々ですが。)

夫婦、家族、みんなで協力して、乗り越えたいと思います!
<< 美容成分も一緒に摂れる、コラーゲン 姉妹で遊べる、おうた絵本 >>