「頭のいい子が育つママとパパの習慣」

先週、清水克彦さんの「頭のいい子が育つママとパパの習慣(講談社)」を読みました。
この本は、ベストセラーとなった「頭のいい子が育つパパの習慣 (PHP文庫)」の後に出版されたもの。

著者は、ご自身の子育てと小中学校受験の取材を通じて、いち早く「父親力」の重要性を唱えたジャーナリストです。

この本に書かれている内容は、お受験を考えている家庭だけでなく、子育ての過程における、パパやママにしかできないこと、心がけることなど一般的なことがたくさん紹介されていて、参考になりました。

特に、印象に残ったのは、子どもを伸ばす、ママの言葉「さしすせそ」。
このようなフレーズを使って、子どもを褒めて、やる気にさせたり、労をねぎらってあげるといいそうです。
 さ:さすが!
 し:信じられない!!
 す:すごいね!
 せ:せっかく○○したのにね。
 そ:そのとおり!
(!は私が勝手につけました。)

私だってそうですが、叱られるより、褒めてもらったほうが嬉しいし、やる気が出るし、頑張ろうと思えます。
これからの子育てで、イライラっとして怒ってしまいそうな時に、一瞬、冷静になって、このフレーズを思い出したいと思います。
[PR]
by monsteracafe | 2011-12-09 06:39 | Life style | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17150959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 親子で一緒に「手あそび指あそび」 【お知らせ】 消しゴムはんこレッスン >>