「ほっ」と。キャンペーン

親子で餃子づくり

一昨日の日曜日の夕飯は、自家製餃子でした。

図書館で借りてきた本(「子どもと一緒にお料理しましょ!―3歳からのお手伝い」よく見たら、自宅の本棚に既に購入した同じ本がありました・・・)のレシピ(p39「棒餃子」)を参考に、私が刻んだ具をポンすけがボウルで混ぜて作りました。
餃子の包み方は、真ん中に具をのせて、両側から包む簡単な方法を教えたところ、残り全部を彼女が包んでくれました。

コタツのテーブルの上に、IH卓上コンロを置き、私がフライパンで焼いていきました。
たいちゃんと遊びながら雄サンには焼けるのを待ってもらい、試食してもらったところ、「お店で食べるより美味しい!」との評価で、ポンすけは「私が作ったんだよ~♪」と嬉しそうでした。

たいちゃんはタレをつけずに具を食べ、ポンすけは自家製のタレを少しだけつけて、自分が作った餃子をいくつも美味しそうに食べていました。

手づくり餃子、我が家の人気メニューの1つになりそうです。

【材料(本を参考に、アレンジしたもの)】
具:豚ひき肉200g、白菜(またはキャベツ、粗みじん切り)100g、れんこん(みじん切り)100g、オイスターソース大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、おろし生姜大さじ1/2、にんにく少々
餃子の皮:30枚以上
ごま油 少々
【作り方(こちらも我が家でアレンジしたもの)】
1. 白菜は、塩小さじ1/2(分量外)をふりかけ、しばらくおく。
2. 1の白菜のを水気をしっかり絞る。
3. ボウルに具の材料をすべて入れ、練り混ぜる。
4. 餃子の皮の中心に棒状に具を置き、両側を畳むように包む。
5. ホットプレート(またはテフロン加工のフライパン)にごま油少量をひき、餃子の包み終わりを下にして並べ、こんがりと焼く。
6. 裏返して、水少量を入れて蓋をし、蒸し焼きにする。
[PR]
by monsteracafe | 2012-02-07 05:59 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17755356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 最近のポンすけ たいちゃん、満1歳5ヶ月になり... >>