海苔専門店が作った海苔茶漬

モニプラの「山本海苔店」さんの企画に当選し、海苔専門店が 作った海苔茶漬「梅の友」をモニターさせてもらいました。

「山本海苔店」は、今から163年前の嘉永2年(1849年)、初代山本徳治郎が日本橋室町に創業、二代目山本徳治郎の頃には宮内省(庁)御用達となり、その後百貨店を中心に長年皆さんに親しまれてきた海苔専門店です。
私の実家や雄サンの実家では、山本海苔店の味附海苔をよくお中元やお歳暮の贈り物としていただいていて、よく食べていました。

今回いただいた、「梅の友」は、海苔専門店ならではの味わいが楽しめる、風味豊かな海苔茶漬です。
b0075888_1021514.jpg
ご飯(かるく1膳分)の上にふりかけてみて、まずびっくり。
b0075888_1024733.jpg
細かい格子状にカットされた海苔がたくさん!
お湯(お茶)をかけると、海苔がふわーっとほぐれていき、ご飯が見えなくなるくらいたくさんの海苔が入った贅沢な美味しいお茶漬けをいただくことができました。
b0075888_1031274.jpg
お茶漬で食べるほか、ご飯に混ぜておにぎりにしてもおいしく食べられるそうです。
株式会社山本海苔店
山本海苔店ファンコミュニティファンサイト参加中
[PR]
by monsteracafe | 2012-02-15 23:24 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17806077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山本千尋さんの「足裏健康中敷」 有川浩 「図書館内乱」 >>