1歳でも出来る!ジクソーパズル

ずいぶん前に、モニプラの「くもん出版」さんの企画で当選し、2012年2月リニューアル発売予定の『くもんのジグソーパズル』シリーズ、「くもんのジグソーパズルSTEP0」と「くもんのジグソーパズルSTEP1だいすきどうぶつ」をいただきました。

特に、STEP1の「だいすきどうぶつ」は、子どもが好きな人気の動物、身近な動物が8種類(ねこ・うさぎ/2ピース、いぬ・あひる/3ピース、かえる・パンダ/4ピース、ぞう・ぶた/6ピース)。
動物が大好きで、赤ちゃんの頃から、動物の泣き声や名前を言ったり、指差したりしてきた、たいちゃんにはぴったり!
ピースをはめ合わせて、絵柄が出てくると、毎回、動物の名前を言って、喜んでいました。

 *****

3月初めあたりから、少しずつ、家族がお手伝いしながら、たいちゃんと一緒に遊んでいたのですが(5歳のポンすけも気に入って時々遊んでいます)、1ヶ月後の1歳7ヶ月頃には、STEP0のすべてのはめ込みと、STEP1の2枚モノ「ねこ」~4枚モノの「カエル」までは、たいちゃんが自分1人で組み合わせられるようになりました!

散らばった数種類のピースの中から、「カエル」だけを選んで取り出し、自分1人で完成させる様子を初めて見たときには、「たいちゃん、すご~い!!!」と、家族みんなで大騒ぎしてしまいました。

難易度が違う2ピースから6ピースまであるので、これからもまだまだ長く遊べそうです。
分厚い紙製ですが、耐久性もあり、たいちゃんが多少手荒に扱っても大丈夫です。

ちょうど、たいちゃんは、何でも「自分でやる」と言い出す時期(1歳7ヶ月~8ヶ月)。
以前よりは手先がグンと器用になり、絵本を見るときに自分でページをめくったり、フタを開けたり、ドアや引き出しを開け閉めしたり、包み紙を剥いたりすることができるようになってきました。
細かい作業もだんだんとできるようになってきたので、ブロックやお絵描きなどのほか、こうした知育玩具で遊ばせたりして、うまくできたときはもちろん、周囲が手伝ってできたときでも「上手だね~!!」と褒めたり、多少時間がかかっても見守るように心がけています。

こうしたはめ絵やパズルのような指先を使う遊びは、生活習慣の自立や知能発達を促してくれるそうです。

 *****

ちなみに、「くもんのジグソーパズルSTEP0」なら、取っ手がついて、難易度の違う4種類の台紙の「はめ絵」タイプなので、たいちゃんよりも小さなお子さん(対象年齢 :1歳~)でも、楽しく遊べると思います。
絵柄も、動物、乗り物などいくつかあるので、お子さんの興味を示す対象も発見できると思います。
(我が家は女の子2人ですが、男の子だと、やはり乗り物に興味を示すのでしょうか・・・?)

紙製なので軽いので、袋を用意すれば、がさばらずに持ち歩けるので、おでかけ先や帰省時、旅行時などにも遊べます。

くもんのジグソーパズル体験レポート
くもん出版 fansiteファンサイト参加中
[PR]
by monsteracafe | 2012-05-24 02:45 | お気に入り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17847316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くもん出版 MOMO子 at 2012-05-24 14:22 x
くもん出版モニプラ担当です。
たいちゃん、すごーーい!
今後も、楽しく続けていただければ幸いです。
再度のレポート投稿、とてもうれしいです。
ありがとうございました!



Commented by monsteracafe at 2012-05-31 06:31
>くもん出版 MOMO子さま
コメント、ありがとうございます。

昨日はぞう、ぶたも1人で黙々と仕上げています。
次々とパズルを取り出し、1つずつ仕上げていく姿は「職人」のようです。
毎回、ほかの家族が「すご~い!!」と褒めると、嬉しそうな顔をしています。

とてもいいものをいただき、ありがとうございました。
<< 梅酒ソムリエ 金谷優さんの「梅... コフレドール 「ビューティフェ... >>