アルバムの写真

たいちゃんがお腹にいる時から、生まれた時(立ち会いました)、その後の成長をずっと見てきたポンすけ。

昨夜、「(自分が)たいちゃんと同じくらいの時のアルバムが見たい」と言うので、ポンすけが1歳から2歳くらいまでの間のアルバムを出して、見せてあげました。

写真に写っている自分の姿を「わぁ、○○ちゃんとたいちゃん、そっくり!!」と驚き、クラスのお友達も皆同じように小さかった頃の写真を嬉しそうに見ていました。

たいちゃんもやってきて、アルバムをめくりながら(たいちゃんはかなり前から写真を見るのが大好きです)、ポンすけを指差して、「○○○(=たいちゃん)!!!」と、自分の名前を連呼。
背格好も髪型も、着ている服も、表情もよく似ているので、自分が写っていると思ったようです。

保育園では、ちょうど行事の写真が掲示されているのですが、たいちゃんは自分や姉が写っているのをよく探しているそうです。
[PR]
by monsteracafe | 2012-02-24 06:13 | 家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17847540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sobachan at 2012-02-24 10:44 x
ウチのちびもお兄ちゃんの小さい頃の写真を見て『ぼくだ!』と言っていました。最近はボケはじめた私の頭があれ?これどっちだっけ?と思うようになってしまいました。やばい!頭の体操モットしないと。スケジュールに関係のない生活をすると物忘れが進んできますからね。歳をとってきたら無理にでも予定を作るようにしないといけませんワ。専業主婦で子育てだけやっていた頃の恐ろしさを忘れません。歳に関係なくボケましたから。
Commented by monsteracafe at 2012-02-24 17:45
>sobachanさん
sobachanさんのご家庭でも、そうでしたか。
やっぱり兄弟、姉妹は、似るんでしょうね(^^)

うちの両親や夫などは、時々、子ども達の写真を見て、「あれ!?どっちだっけなぁ~」なんて一瞬分からないことがあるそうですが、そのうち子ども達から怒られないよう、ちゃんとどっちか瞬時で見分けられる母親でありたいと思っています。
・・・が、いつまで判別できるやら・・・

確かに仕事をしていたり、ボランティアなどでも社会とつながっていると、シャキっとしますが、私も産休中・育休中ずっと家にいたときは、こんなんでちゃんと社会復帰できるのかなぁと思ったことがあります。(夫が育児休業していた時も、同じことを言っていましたから、男女関係なさそうです。)

うちの両親も、できるだけ趣味やボランティアの予定を入れたり、友人と会ったりして、忙しく過ごしているので、いいことだと思います。
<< 東野圭吾 「新参者」ほか 軍艦巻きプレート >>