「ちょい足しジュレ」で食卓を華やかに

少し前から、ジュレタイプのポン酢などを使っていますが、このたび、「新進」さまのご紹介で、「ちょい足しジュレ」(梅、生姜)を使ってみました。
b0075888_13545945.jpg
まずは、それぞれがどんな味なのかを知りたかったので、ごくシンプルに冷奴に梅を「ちょい足し」してみました。
b0075888_13395980.jpg
ちょい足しジュレ」梅は、ジャムのように綺麗な色で、酢っぱ過ぎず、梅の風味とカリカリ梅の食感が楽しい、ゼリータイプ調味料でした。
サラダやおにぎり、蒸し野菜や茹でたお肉、はもの天ぷらなど、色々なお料理に合いそうです。

ちょい足しジュレ」生姜の方は、生姜がさっき切ったばかりのようなフレッシュさで、目が覚めるような味と香りで、料理の味付けのメインになりそうな主役級の味でした。
冷たいしゃぶしゃぶやそうめん、天ぷらや揚げ物などに合いそうだと思いました。

ジュレ状なので、ちょっと添えるだけで見た目も鮮やかで華やかになるので、色々なお料理に使っていきたいと思います。

[PR]
by monsteracafe | 2012-03-25 23:21 | きょうの料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17992499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< プリン体・糖質オフの「アサヒオフ」 SIDERA「クイックジェル ... >>