資生堂 「リバイタル グラナス」

資生堂のモニターで、「リバイタル グラナス ファンデーションウオータリー(PF)」と
リバイタル グラナス ファンデーションパウダリー(PF)」(オークル10)のサンプルをいただき、試してみました。
b0075888_10572611.jpg
リバイタル グラナス ファンデーションウオータリー(PF)」は、「ウオータリー」という名前なのに、水を一滴も使っていないファンデーション。

肌に伸ばすと揮発する「パーフェクトフィッティングオイル」の力で、粉末が瞬時に肌に密着。肌に必要な油分は残して揮発するので、かさつかず、毛穴もしっかりカバーしてくれます。
べたつかず、なめらかに仕上がり、極薄膜が皮脂や汗をはじいてくれます。
肌の熱を奪いながら揮発するので、ひんやりとした感触があり、春・夏に使うのにぴったりです。

これだけでも十分な感じがするのですが、資生堂グラナスが提案する、オススメのファンデーションの使い方は、「リバイタル グラナス ファンデーションパウダリー(PF)」との「ダブル使い」。
「光によって肌悩みが見えにくくなる」という現象(=光のカバー効果)を利用し、肌悩みを「塗って隠す」のではなく、「光をコントロールする」発想で開発された、極薄膜を2枚重ね合わせることで、見せたくないものはきちんとカバーするのに、透明感のある仕上がりに。

肌にぴったりフィットする、おしろいのように軽い油分レスのLCパウダーで、さらさらでなめらかな仕上がりに。
化粧もちもよくなり、肌の光沢や透明感がよりアップするようです。
暑い夏でも化粧崩れしない、この「ダブル使い」テクニックで、昨年の猛暑を乗り切ったお客様は、前年比134%にもなるそうです。 

ファンデーションを2種類も重ねたら、厚くなったり重く感じたりするのでは?と思ったのですが、実際につけてみると、驚くほど軽く、薄づきなのに肌になじむ感じがしました。

メイクのもちもよく、お化粧直しは、あぶらとり紙などで軽く皮脂をおさえ、パウダリーファンデーションで気になる部分を整えるくらいで大丈夫でした。

汗や皮脂、紫外線ダメージで化粧くずれが気になる、これからの季節に使うのにぴったりだと思いました。

 *****

春夏向けのひんやりした使い心地の「ローションクリア」と「エマルジョンクリア」のサンプルもいただきました。
b0075888_10575216.jpg
こちらも、スキンケアの「ダブル使い」がオススメだそうです。
※資生堂のブログモニター参加中

[PR]
by monsteracafe | 2012-03-27 23:53 | Beauty | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/17992507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「コウベまちむすび」のお味噌づ... NECの2wayスタイルPC、... >>