「ほっ」と。キャンペーン

周囲に支えられながらの私の子育て。

今週の「保育園のお迎えが間に合わなかった」事件は、私にとってはかなりショックな出来事でした。

その話を、何人かの働くママ友達にしたところ、
「我が家もありましたよ。5年間で初な方がすごいです!」という話をいくつも聞いて私も少し気が楽になったり、数人からは「そういう時は遠慮しないで連絡してね!」と言ってもらえて、とても嬉しく、ありがたく思いました。

中には、
「仕事が大変なときに、子どもの寂しそうな顔を見るだけでも辛いのに、子どもから責められたりすると余計に応えますよね。
その気持ち、同じワーキングマザーとして、本当によく分かります。
『困った時はお互い様』は、土砂降りの日のスイミングの後、我が家の子ども達を車で送ってくれた時にhiroさんが言ってくれた言葉です。
ポンすけちゃんが来てくれたら、うちの子たちも大喜びなので、本当に遠慮なく連絡くださいね。」
・・・と、メッセージをくれた方もいて、通勤途中の車内で思わず涙してしまいました。

 *****

昨日、保育園にお迎えに行くと、ポンすけの担任の先生が残ってくれていました。
「ポンすけちゃんから、『今日はママがお迎えに来るの!』と聞いていたので、待っていたんです。
今週はお母さま、大変だったんですね。お仕事もお忙しくなるようですし、無理をなさらないでくださいね」
と、笑顔で話しかけられ、
「・・・でも、転職して2日目で、いきなりお迎えが間に合わなくて、子ども達に寂しい思いをさせて、先生方にもご迷惑をおかけして・・・」と言うと、「そんなの、電車のせいじゃないですかぁ!気にしちゃだめですよ~!」・・・と慰めてくれて、先生の前でまた涙が出てきてしまいました。

担任の先生は、今回初めてポンすけ達のクラスを受け持つのですが、ポンすけ達のことは2歳児の時から知っていて、昨年の先生からも引継ぎを受けているそうです。

先生は、ポンすけのことを、
「ポンすけちゃんは、本当に心の優しい子です。今週も、困っているお友達に声をかけ、私が何も言わずに目で見ていたものを感じ取り、『ハイ、先生!!これでしょ?!』と取ってきて、お友達に渡してくれたりして、すごくよく気がつくので驚いていたんです。
周囲をよく見ていて、他人の気持ちもよく考えられる子ですね。
小さい子のお世話や、保育士のお手伝いもよくしてくれるし、お母さまは、どんな風にしてこの子を育てられたのかと、お聞きしたかったくらいです。」と、褒めてくださいました。

他にも、
「去年の担任から、『ポンすけちゃんはご両親にたくさんの経験をさせてもらっていて、色々なことがよくできる』と聞いていますので、特に年長組になったら、そういうおうちでの体験もどんどん園で発表したり、クラスのみんなで追体験したりしていきたいと思っていますので、ぜひお話を聞かせてくださいね。」
「絵も、字も、音楽も上手なので、『何でそんなに上手なの?』と聞いたら、『ママが教えてくれるの!!』と言っていましたよ。」
「お母様は(おうちでの環境や生活時間が変わる影響を)ご心配されていると思いますが、ポンすけちゃんは大丈夫ですよ。何か変化があれば、こちらからもお伝えしますし、気がかりがあれば、何でもおっしゃってくださいね。」と、話してくれました。

その後、他の先輩ママからも、“ポンすけの担任の先生はとてもしっかりしていて安心”だとも聞き、同じクラスのママ友達数人とも色々話をして、“この1年、この先生にお任せすれば大丈夫!”と思いました。

 *****

ポンすけは、お迎えが遅れた日の翌日から毎日、大量の絵を重ねた自作の「絵本」や、“パパとママ、いつもおしごとしてくれてありがとう”といった「お手紙」を保育園で作ってきて、仕事から帰ってきた私に、「ママ、プレゼントがあるよ!」と手渡してくれました。
私が20時過ぎに帰ってきても、寝るまでの時間に一緒にお絵描きや工作をしたり、お風呂で歌ったり、お喋りしたのがとても楽しかったのだそうです。

土曜日の今日は、ポンすけと私で、朝から梱包材でぬいぐるみの家を工作したり、自転車2台(ポンすけはコマあり)で、途中で止まったりしてものすご~く時間をかけて移動しながら、桜を見たり、家の近所に「お買い物」に出かけたりしました。
b0075888_623945.jpg
その途中で、「今週はこうやってお友達と手をつないで、保育園からこうやって歩いて、ここの桜を見にきたんだよ~」とか、「そら組になって、目標を決めたり、運動会で何をするかを話し合って決めたりしたんだよ」と、色々話してくれました。

雄サン、たいちゃんと合流して、お昼ごはんは久しぶりに「翔園」で食べたのですが、自分から、「たいちゃんの横がいい」と言い、雄サンが「たいちゃんの横はお世話しないといけないから大変やで」と言っても、「○○ちゃんが手伝ってあげるから大丈夫」と、器の位置をかえたり、お茶を飲ませるのを手伝ったり、こまめにお世話をしていました。
b0075888_663849.jpg
午後からのスイミングでは、「そら組さんになったから、今日から自分で着替えることにする。ママはそこで見てるだけにして。」と、水着に着替えて荷物をロッカーに入れ、レッスンの後もまた一人で着替えていました。
つられて保育園のお友達のMちゃんも「Mちゃんも自分でやる!」と言い、二人で頑張っていました。

その後、Mちゃん親子と一緒に図書館に行ったのですが、ママ達が図書館で用事を済ませている間、Mちゃんと2人で椅子に座って絵本を読んであげていたり(!)、ポンすけから手をつないで2人だけで待っていたり、何か言い出したMちゃんに「今はMちゃんのママ、自転車漕いでるからそれはできないでしょ。おうちに帰ってからにしたら?」と提案したり・・・、ポンすけの普段の行動が見てとれました。

 *****

・・・どうやら、私が思っている以上に、ポンすけは伸び伸び、スクスクと育ってくれているようです。

保育園の先生方やママ友達、雄サンや両親など、私を応援してくれる人たちに感謝して、時にはお力をお借りしながら、ひとりで無理して頑張り過ぎず、これからの1年、私も仕事と暮らしのバランスを図る試行錯誤をしながら、やっていこうと改めて思ったのでした。
[PR]
by monsteracafe | 2012-04-07 23:15 | Life style | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/18098811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sobachan at 2012-04-08 10:55 x
転職されて大変な一週間だったようですね。お疲れさま。最初の子供というのは親のすることを良く見ています。ウチでは長男が弟たちの面倒を良く見てくれました。ある時、弟たちへの叱り方がまるで私が叱っているようで焦ったことがあります。子どもの前で下手なことは出来ないな、と。小学校に入ればお友達が大事になって親との約束より友達との約束の方が優先するようになります。今のうちに大事な時間をなるべくたくさん共有するのが良いと思いますよ。周りに理解のある人がたくさんいて良かったですね。今自分に出来ることをすればいい、出来ないことは人にまかせよう、私もそういう気持ちで生きてきました。人生一度だけですもの。後悔だけはしないようにしたいものです。ね。
Commented by 比呂子 at 2012-04-09 09:40 x
ひろさん、偉い!そんなに反省するなんて。私は、上が幼稚園のとき、お迎えの時間を何度間違え、何度幼稚園から電話がかかってきたことか・・・。途中から娘も慣れ自分から「先生、ママは勘違いしているんだと思います」というようになりました(>_<)お弁当も忘れ、コンビニに買いに走って、幼稚園からタッパーをお借りして詰めなおしたり・・・。というわけで、本当どの親もやっていることと思いますが、子どもはあまり関係なくすくすく育っていくようです。ぽんちゃんにも「ママもパパもお仕事頑張っているんだから、そういうことがあって当たり前」と教えてあげてください。新しい職場で大変でしょうが頑張って。我が家は夫が2月に転職してから、まったく時間の融通がきかなくなり、有給休暇もないので、孤軍奮闘しています。明日の入学式も片親です。お互い身体に気をつけてせいいっぱいやっていきましょう。
Commented by SIS at 2012-04-10 00:33 x
hiroさん、ガール本で以前ブログでコメントした事のある者です。不精な私がなぜかhiroさんのブログだけはかかさず楽しみに見ています。転職された事を知り、新たな挑戦をされている事に凄いの一言!両立・二人の子育てでなかなか出来ることではありません。特に先週は一気に様々な事が起こり大変だったでしょう。私はしんどい境地にhiroさんの言葉に救われました。私にかけてくださった言葉、「子育てをしながら長く働き続けていくには、あまり一時的に頑張り過ぎないのが実は大事なのではないか」、新しい職場でそうは言っていられないかと思いますが、そのお言葉お返しします。気構えせずボチボチと。
Commented by SIS at 2012-04-10 00:41 x
(続き)そうはいいながら私もあれから営業へ異動となり更に多忙に。この1年自分のコントロールも難しい年でした。多忙・仕事の積み残し・ストレス・子供の喧嘩の多さ等で子供に感情のまま怒り、我が家のキッチンの一部がへこんでいます、苛々を一度そこに思いっきりぶつけてしまいました。情けないことです。その時は異常な怒りに子供が引いていました(反省・・)。こんな私に比べてhiroさんは立派です。子供達に経験をさせる為アクティブに行動され、子供ときちんと向き合っている姿にいつも感心しています。平日は向き合う時間が少なくても週末いっぱい触れ合っているhiro さんだからこそ、それで十分です。しんどい時はご主人に共有してもらい感情を吐き出しバランスとりましょう。応援しています!ボチボチと。
Commented by にじいろあじさい at 2012-04-11 12:04 x
はじめまして!実はポンすけちゃんが生まれて間もない頃から、時々ブログを拝見していました。うちの息子がポンすけちゃんと誕生日が一日違い(2007/1/14)で、しかも、どうやらとてもご近所さんのようで、行動範囲が、かなり、かぶっています!でも不思議と一度もお会いしたことはありませんね。

いつもお仕事に子育てに、頑張っておられて、素晴らしいです。
何より、hiroさんは、身近な人とのつながりをきちんと育んでおられるところが、偉いなあと思って拝見しています。

体力は・・・、落ちていて当然です。私はhiroさんよりかなり年上と思いますので、体力の問題で諦めてきたこともありますが、それも受け入れて、判断を早めにしていくことが大切かなあ、と思っています。

いつかどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:13
>sobachanさん
慣れない新しい仕事や職場、暮らし方の変更に対応していくのに時間がかかり、コメントをいただきながら、お返事が遅くなりました。

いつも温かい激励メッセージや、先輩ママならではのご経験談などを教えていただき、ありがとうございます。
sobachanさんのコメントを読んで、特にポンすけは、来年小学校に入ったら、だんだん親から離れて自分自身の行動や、お友達とのかかわりが増えていくはずだから、保育園生活最後のこの1年が大事なんだなと、改めて思いました。

sobachanさんのご長男のように、我が家の長女・ポンすけも、日々色々なことを見て、感じているようで、私が転職したことの色々な変化を、前向きに色々な形で表現してくれています。(別途記事で残しておこうと思いますが)

後で後悔することがないよう、「我が家は量(子どもと過ごす時間)より質!」の気持ちで、これからも子ども達と丁寧に向き合っていきたいと思いました。
ありがとうございました。
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:22
>比呂子さん
いつも温かいメッセージ、ありがとうございます。
ご主人が転職される話は以前伺っていましたが、やはりお忙しいようですね。1人で子ども達2人の育児と家事、そして仕事・・・と、比呂子さんも毎日頑張っておられることと思います。
人生の大事な記念日となる入学式で、パパが参加できないのは、パパ自身もつらく寂しいでしょうね・・・。
何よりも、パパの身体や健康が心配ですね。

「ママだって、パパだって、間違うことも、失敗することもあるよ~」って、子どもに知ってもらうことも大事かもしれませんね。
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:22
>比呂子さん(続き)
私は家ではあまり完璧主義者ではないので、家事などを見て「ママは何でもできる、すごい!」とは、まさかポンすけも思っていないとは思いますが、子どもと遊ぶこと、接すること(子どもの話を聞いたり、話し合ったり、子どもの気持ちに寄り添うこと)については、ポンすけは“パパは時々聞いてないことがあるけど、ママはちゃんとお話を聞いてくれる、遊んでくれる”という信頼を私に寄せながら、それが前提で求めてきているようなところがあるので、初めて保育園で一番最後まで居残ることになってしまって、“ママなのにこんなにお迎えが遅いなんて!!”と感じてしまったようです。
年長さんになり、ポンすけはかなり色々なことも理解できるようになってきたので、これからは、ママが失敗しちゃった話なども折を見て伝えていこうと思います!
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:37
>SISさん
お久しぶりです。
コメントをいただいて、さきほど「ガール」の記事
http://monstera.exblog.jp/13425282/
のコメントを読み返していました。

SISさんが、今でも私のブログをチェックしていただいたと知り、嬉しい気持ちと、あの時にネット上で交わした言葉が、時間をおいて再び私のところに戻ってきたこと・・・、じんわりした気持ちになれました。
ありがとうございました。

SISさんや他の方のコメントや、私や家族を知る身近な人たち(保育士さんやママ友達、夫や両親など)の話からも、“私(我が家)の子育ては、量より質!これからも自信を持って、子どもの気持ちに寄り添い、丁寧に接する気持ちでやっていこう!”と改めて思うことができました。

さらに多忙になったというSISさんは、お仕事の環境はさらに厳しくなったのでしょうか?(例えば、時短勤務の期間は終了していますよね?上司も同じ方のままですか??)
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:40
>SISさん(続き)
ご自身の行動や態度を、きちんと反省されているSISさんですが、実は私も、先週の出勤前の朝、夫の口調にトゲを感じ(「冷蔵庫が整理されてないから、モノが落ちてくる!」と言うのが、私が何もしていないからだ、という抗議や批判のように聞こえてしまいました)、口論になってしまい、ポンすけに「パパもママもケンカしないで。どっちも悪いから、二人で謝って。」と仲裁されてしまい、後で互いに反省したりしました。

さらに、私と違って、“お迎え遅れた事件”をあまり気にしていない(!!)夫からも、
「(転職後の新しい仕事は)これまでの経験やスキルを活かして、丁寧にこなしていけば必ず出来るから、落ち着いて。子ども達は今がグッと成長する時期だから、メリハリをつけて、一緒に過ごす時間を工夫して確保しながら、子どもと過ごす質を落とさないようにしよう」
「子ども達はちゃんとママのことを理解して応援してくれているから大丈夫」
「特にポンすけには、先の予定や見通しなどを伝えていこう。家族の一員として、少しずつ役割を持たせてトライさせてみよう」・・・といった話が出ました。
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:41
>SISさん(続き)
全ての場面で完璧や理想を追わず、ボチボチと、少しずつ向上していけるようにできることからやってみようと思っています。

また、良かったら、SISさんのお話なども、時々聞かせてくださいね。
共に励ましあって、頑張っていきましょう!
Commented by monsteracafe at 2012-04-12 02:51
>にじいろあじさいさん
はじめまして。
ブログをやっていると、時々、このようにコメントをいただいたことで、私は存知あげない方から、ご縁が生まれることがあります。

にじいろあじさいさんのブログを最新のあたりだけ拝見させていただきましたが、11歳のお姉ちゃんと、ポンすけと1日違いのお誕生日の弟さんがいらっしゃる、かなりご近所に住んでいらっしゃるママさんなんですね!

また、東北の被災地のために、ご自身ができることをなさろうとしている姿勢が感じられ、素晴らしいお心の持ち主でいらっしゃるのだなぁと感じました。

体力や年齢については、5年前いや、2年前くらいまではほとんど意識してこなかったのですが、30代後半になり、少しずつ感じることが増えてきました。
1歳年上の夫などは、先日、「今まで自分には関係ないと思ってきたけど、最近、六法全書の文字が見えづらい時があって、驚いた。俺もトシやなぁ」とつぶやいていて、ギョッとしたことがありました。
これもまた、まずは少しずつ受け入れていかなければなりませんね。

それにしても、本当に、いつかどこかでお会いできる日が楽しみですね☆
<< 王子動物園に行ってきました。 転職して1週間、初めてのお迎え >>