「ほっ」と。キャンペーン

ポンすけのおにぎり

昨日、私は19時半過ぎに帰宅しました。
リビングでは、雄サンがたいちゃんにご飯を食べさせているところで、ポンすけの姿が見えません。

「・・・あれ、ポンすけは!?」
と聞くと、ポンすけが、手に器を持って、台所から飛び出してきました。
「じゃーん!!」

器には、炊いておいた豆ご飯を、かわいらしいゴルフボール型に握ったおにぎりがいくつも載っていました。
b0075888_17475761.jpg
保育園から帰ってきたポンすけが「おにぎり、作りたい!!」と言い出したので、雄サンが水を入れたボウルだけを用意し、後はポンすけが台所で一人黙々と握っていたそうです。

・・・ちらりと見ると、台所もほとんど汚れておらず、いつのまにこんなに上手に握れるようになったのか、驚いてしまいました。

ましてや、自分が仕事から帰って、雄サンではなく、5歳のポンすけがご飯を用意してくれているなんて、想像もしたことがなかった展開で、ビックリだし、本当に嬉しく思いました。

「わぁ、上手に握ったね~。美味しそう~!」と言うと、「ママ、食べてみて!」と、少しドキドキした様子のポンすけ。
実際に食べてみると、ちゃんと握れて形になっているのに、ごはんはふんわり・ふっくらしていて、本当に美味しくて、自分で握るおにぎりよりも美味しく感じました。

私が彼女に教えたことがあるおにぎりは、俵型だったのですが、小さな丸い形は自分で考えたのだそうです。
本当においしくて、ほとんど私が食べてしまいました。

「すごく美味しいなぁ。思いがけないプレゼントだよ」と言うと、「ママのお誕生日にも、また○○ちゃんがおにぎり作ってあげるね!」と喜んでくれました。

色々な意味で、嬉しくて、美味しいおにぎりでした。
私は、一生、忘れられない味だと思いました。
[PR]
by monsteracafe | 2012-04-26 17:57 | 家族 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monstera.exblog.jp/tb/18199152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「キリン 麦のごちそう」 「アロマディフューザー ウッデ... >>